私は【霊能者の開運霊視】の『ホームページ』や『ブログ』に、私の想いなどを書いています。


しかし、聞く耳を持たない方々には、どうしても上手く伝わりません。


そして、いつも驚かされてしまうのが意外な方から「あの記事は、私の事ですか?…」という具合に質問されてしまうのです。


時には、わざわざ相談所にまで足を運んで真意を確かめに来られた方もおりました。


しかし、そういう方々に限って、記事の対象になっている方々ではありません。


「もしかしたら、この記事は私の事かも?」と受け止めてしまう方々は、むしろ【聞く耳を持っている】方々なのです。


このような方々は、他人の失敗も自分の失敗として受け止めようとしますから、吸収力が高く人間的に成長していくのも早いのです。


他人の事でも自分の事として受け止めようとする方々が増えていくと、もっと今の世の中も生きやすくなるのではないでしょうか。


私は自分の経験(体験)からでしか物が言えない人間ですから、難しい事はよく分かりませんし、論争の類も得意ではありません。


ですから、私はこれからも自分の体験をもとにストレートに話をしていくつもりです。


そして、相談者の心に応えるためにも、相談者が聞きたいと思っている事に対して、ハッキリと答えていきたいと考えています。