dekoの徒然日記

dekoの徒然日記

生きていれば いろいろあるけど まだまだ 
生きていかなくちゃならない それならば 
少しでも楽しく生きていこうと思う

クチナシの香に笑み添わせ

しばし、その場で心まどろむ(*'д`*)

イチチグの葉の香にヒクっ・・・

しばし、その場で猫にマタタビ状態になる

(ノ▽〃)

テニス

録画したものを見ている

錦織、頑張った頑張った!

一セット取れただけでも嬉しかった

しかし、ビック3は異次元の強さだ

ビック3の中では、フェデラーが好き♡

ガウフも、頑張った~

今後が楽しみ♡

大相撲

贔屓の力士がいる

志摩ノ海、炎鵬、琴恵光、玉鷲、竜電

勝ったり負けたり、一喜一憂

宇良の休場は寂しい・・・

ブロ友さん応援の「津志田」

頑張れ~

同じ幕下の大野城

今場所は応援している

見た目もいい男、取り口もいい

九月場所先行予約したぞ~

当たるといいなぁ

例年なら、この時期は天気予報とにらめっこ

メイン夏山に向けて準備完了している時期

でも、今は登山休止中のdeko家・・(´□`*)・゚・。

みんなの登山記事で心を癒そう

と思うも、三連休の山天気悪し

晴れてくれ~雨降るな~

皆、山を楽しみにしているんだよ~

お願いします、テルテル坊主様♡

キャンプ

今年の夏は、行けないかな~

でも秋には行けるかな~

何処にしよう・・・

期日前投票も済ました

そんな週末の晩御飯です

 

鱧の落とし梅肉添え

鱧の天麩羅

イカの梅肉和え

ミニトマトとオクラの白だし漬け

オクラ入り竹輪の豚肉巻き焼き

ミニトマトのマリネ

北海道産甘エビ

富山産白エビ

ソデイカ

サラダ玉ねぎ

日本酒はこちら

ごちそうさまでした

 

我が夫に関しては

不細工な顔で居眠りしていても

そこから愛を見出せるし

おチリをポリポリと掻いていても

そこから品性を見つける事も出来る

行動や癖に関しては

大抵の事は許せる

惚れた弱み現象が、まだ続いている

が・・・・・

かっち~んとくる事もあるヽ(*`ェ´*)ノ

それは大抵、ムシャクシャしている時である

クシャミですら癇に障る時もある

でも、それは私の問題

貴方が帰ってくるまでの私の問題

ぽちっとだけ、愚痴を言わせてもらう

貴方は、聞いているのかいないのか

よくわからん対応だけれど

それでいい

それがいい

 

貴方なしの人生は考えられない

もちろんお互いに、不平不満はある

違って当たり前、あって当たり前

我慢も苛立ちもあるよね(´v_v`)

いやいや、貴方の方が我慢してるか・・

うん、申し訳なく思ってる

ほんとだよ

でもね、苛めたくなっちゃうんだよ

好きな子を苛めたくなる心理かな

昼の世界も夜の世界も

私がサドでありマゾであるのは

いやというほど知ってるよね:

でも、そんな私が好き?

ありがと、あなた・・・私も好きだよ

 

なんとなく飲んでいた若い頃

吞まなくても、全然平気な二人

それほど好きではなかった

結婚してからも、あまり呑まなかった

いつからだろう・・・

呑みはじめたのは

時間、お金、気持ちに余裕が出てきた頃

それからかなぁ日本酒白ワイン生ビール

そして今に至る

 

結婚前は、お互いに興味なし

夫は、陸上をやっていたけれど

私は、全くのインドア派

山なんて考えなれない人だった

なのに、何故か・・・・

陣馬高尾に行きたくなった

TVにでも感化されたのだろうか

未だに記憶がない

登った翌日から1週間

トイレに難儀するくらいの筋肉痛

それ以降、山を楽しみ始める

ユニクロの服で行ってたなぁ

雪山も、奥多摩で経験を積んでいった

そして今に至る

 

他にもさ

いろんな事を、二人で育ててきたね

 

肴がなくとも肴になるものがある

二人で過ごしてきた思い出話だ

詳細が食い違う時があるけれど・・・

 

ほとんど会話がなく終る登山もある

でも、それも心地よい

一緒だけれど一緒じゃない

その距離感が好き

見ているもの、歩いている道

それが一緒なのが嬉しい

 

大好きな寺社仏閣

目と目とで話すのが心地よい

下手な言葉で感動を分かち合うよりも

あなたの表情や歩き方で

あなたの感動が伝わってくる

 

晩酌タイム

大好きな時間

気がつくと夫の膝枕

なんと心地がいいのだろう

固さ、高さ・・・全てがいいピンクハート

すりすりしながら夜が更ける

たまぁに夫が懇願

「膝枕させてくれる?」

「・・・・・・・・」

ほろほろと酔い、眠たくなった妻

無言で歯磨きへ

ごめんよ・・・あなた

愛してるんだけれど

膝枕は、恥ずかしいんよ

むずむずするんよ

オチリ枕なら、考えてもいいよ・・・・・

6月22日、天気予報は不安定

雨も降るらしい・・・

でもね、先週もキャンプを見送ったのさ

行っちゃえ行っちゃえ~チョキ

芦ノ湖着

雨で濡れる前に

動いて汗で濡れてしまおう

先に濡れちゃえば、こっちのものさ

3回目の芦ノ湖一周ジョグハイ

右のグレーのロードを走り

左の赤い線の山道へと入っていく

1回目の時の記事はこちら★

2回目の時の記事はこちら★

今回は芦ノ湖キャンプ村から

朝の 6:30スタート

雨は霧雨・・・いざスタート走る人

時計回りで走り始める

桃源台RW通過

観光客もいない、静かな朝

箱根湖尻ターミナル着

乗り場とトイレの間の道に入っていく

神山通りを走る

名前はいい雰囲気だが

なんのなんの、なかなか厳しい

雨も止み、淡々と進んでいく

九頭竜神社通過

箱根駒ヶ岳RW乗り場通過

ここから、ちょっとだけ歩道がない

カーブが続く、車に注意

ほどなくして、横道にそれる

市松模様の綺麗な道

ただ、滑りやすいので要注意

ほっほほっほと小走り続く

すぐ横は、芦ノ湖ちゃぷちゃぷ

箱根神社の平和の鳥居着

ご鎮座1200年と東京オリンピツク開催を記念して

昭和27年に建立されたとい

誰もいない

水面が、柔らかく流れ

水音チャプチャプ、心地よい

本殿は、ここから階段を登っていく

今回は、遠くから参拝させて頂く

たったかたったか走る

箱根観光船元箱根港

さきほどの「平和の鳥居」が見える

天気が良ければ、富士山が見られる

雨上がり、滑るので注意

箱根恩腸公園分岐通過

箱根関所資料館通過

まだ開いていない

箱根駅伝ムュージアム着

2回ほど、入ったことがある

箱根駅伝の記念碑

箱根駅伝スタート、ゴールの碑

ここは普通の道なれど

あの2日間だけは

いろいろなものが渦巻く道になる

碑から車道に向い

ここを右へと入っていく

その先で長尾芦川線へと進む

駒形神社、参拝

箱根七福神

まだ舗装路だ

ここからは、湖畔に沿って走り続ける

しばらくすると砂利道になり

こんな感じで、目印がある

車止めの横をすり抜ける

呼吸が落ち着いてきた

芦ノ湖西岸歩道に入っていく

ここまで走った距離は、約11㌔

ここからはトレイルになっていく

10㌔遅々ジョガーの私だけれど

山を走っていると、すごく楽しい

これから先は

楽しんで走っていこう

気持ちが、絶好調になってきた

走る走る、前へと進む

遅いけれど・・

白浜通過

笹などが生茂り、道を覆う

しゃばしゃばと雨露をはらう

もそもそと蜘蛛の巣をはらう

箒ヶ鼻通過

霧雨が降ってきた

濡れる濡れる、しとしと濡れる

汗と霧雨でウエァは、だら~ん

気にしない気にしない

たったかたったか

こういう道は歩く(^^ゞ

真田浜通過

ニマニマと笑みがこぼれ始める

霧雨の中を

ぴちゃぴちゃと走ってる自分

可笑しくもある

道幅が狭く

すぐ横が崖で、湖直行な場所もある

ジョグ中に水死・・・それは避けたい

泳げないのもので(^^ゞ

ちょっと疲れてきた

膝に手を置き、わっせわっせ

ふぅぅぅ、頑張れ自分!!

道は砂利道ながら広くなった

深良水門に寄り道

深良水門

灌漑施設遺産である

薄日が射してきた

晴れたり降ったりの、コロコロ天気

そろそろゴールが見えてきた

俯き加減で、とててぽ走り

疲れた・・・・

頭の中は生ビール×10

湖尻水門に出た

芦ノ湖キャンプ村は、すぐそこだ

到着、終了!

今回は、9割3分は走れた

とっ~ても、遅いけれど・・・・

ジョグの総距離19.5㌔

累積上昇603m

累積下降628m

よし、これで堂々と吞めるチョキ

吞む前に、まずはテント設営

今回はスクリーンタープにコット寝とした

ちなみに、このキャンプ場は

「箱根ランフェス」のメイン会場でもある

今年は、三国峠ランの部は

柏原竜二さんがゲストだった

いつの日か、三国峠コースも走ってみよう

ラン以外にも、ウオーキングも催されている

ロゲイニングもある♡

設営完了

まずは、かんぱぁい生ビール

落ち着いたところで

湖畔近くで吞もう、と移動

今日走った道を眺めながら・・・

いい1日だったなぁ

テントに戻って焼き焼きタイム

いろんなものを焼きながら、吞み飲み

おやすみなさい

おはようさん太陽

炭火でトースト、旨いね~

ここの撤収タイムは、10時

おまけに雨が降りそうだ

せっせこせっせこ、お片付け

撤収完了

あっ、雨が降ってきた(^^ゞ

さぁ帰ろう

完了