子どもに必要な睡眠時間は?

テーマ:

七田チャイルドアカデミーでは

星基本的な生活指導

星しつけ指導       もお伝えしていますお願い
今日はその中で、睡眠の重要性をお伝えしたいと思いますおねがい

何事にもやる気がない

勉強に集中できない
キレやすい

朝起きられない  などのお悩みはありますか?

いろいろな原因が考えられますが、
もしかすると睡眠が足りていない可能性も・・・びっくり

また学年が進むにつれて、就寝時間も遅くなり、
昔よりも子どもの睡眠時間が少なくなっていますねガーン

そして子どもたちは大人に比べてもっと長い睡眠が必要です!!

アメリカの国立睡眠財団では、
子どもの年齢別の必要睡眠時間を以下のように提示しています。

カギ新生児(0~3ヵ月):14~17時間
カギ乳児(4~11ヵ月) :12~15時間
カギ幼児(1~2歳) :11~14時間
カギ未就学児(3~5歳):10~13時間
カギ小学生(6~13歳) : 9~11時間
カギ中高生(14~17歳): 8~10時間

では、睡眠不足によって

子どもの身体にどのような影響が起こるのかアセアセ

もやもや身体の成長が遅れ、病気の発症リスクが高まります
睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌量は減少してしまいます。


もやもや危機回避能力が低下する
物事に集中できにくくなったり、身に迫る危険を判断する能力が鈍ってしまいます。


もやもや学習能力が減少し、学力が低下する
この記憶を司る海馬の働きが阻害されるので、

記憶力が低下し、結果的に学力の低下につながっていきます。

もやもや感情のコントロールがしにくくなる
睡眠不足が体内時計の乱れを引き起こすと、

自律神経系統の働きも乱れがちになります。

もやもや太りやすくなる
食欲を抑えるホルモン分泌が減少し、逆に食欲を増進させるホルモンが
過剰に分泌されてしまうため、太りやすくなります。


もやもや.認知症の元凶物質が蓄積する
慢性的な睡眠不足が続くと、記憶力の減退や強い倦怠感など、
子どもの脳でも認知症に似た状態は引き起こされます。

 

子どもの睡眠不足を解消するには
やはり、生活習慣を改善するのが一番です!!

具体的にはキラキラ
太陽早寝早起きの習慣をつける。
太陽日昼、日光を浴び、セロトニンの働きを高める。
太陽毎日一定の時間に睡眠をとる。
8時~9時までに就寝、朝6時~7時までに起床させましょう。
小学校入学時に胎内時計のリズムを崩さないよう、
就学前までには7時までに起きるようにしましょう。
太陽夕食後のゲームやスマホをやめる。
太陽外遊びをさせ、運動や散歩などで身体をよく動かす。
太陽保護者の方の生活習慣を変える。
親の遅寝遅起きの習慣は、子どもに引き継がれることが多いようです。
大人にとっても睡眠不足の解消は大切な課題ですね。
太陽日中楽しく過ごさせ、よく笑わせる。
アトピーや喘息、睡眠時無呼吸症候群などで熟睡できていないこともあります。

 

規則正しい習慣を身につけて、お子様の環境を整えていきましょう照れ

 

AD