なぜ学ぶのか

テーマ:

小学生になったら、親に言われなくても

自ら机に向かい学ぶ姿勢と習慣を身につけてほしい!!

と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

それには、子ども自身に

「やりたいアップ

という気持ちを起こさせることが、勉強をするうえでは一番大切ですニコニコ

子どもの勉強嫌いの原因は、

なぜ勉強するのかわからないまま嫌々していることと、

自分は勉強ができないと思い込んでいることが多いのです。

 

そこで、「なぜ学ぶのか」を教えてあげてくださいおねがい

①学ぶことによって自分を成長させるため

②目標を達成するため

③将来、世の中に貢献するため

に、今、勉強しているのだと。

 

小学校低学年では、まだ一人で勉強するのは、難しいです。

おうちの方が側にいてあげることが必要です。

必ずしも勉強を見ている必要はなく、そばで読書や家事などをしていればよいのです。

そうすることで、自然と勉強の習慣がついていきます。

また、無理のない範囲で、親子の時間割を立てて取り組みましょう。

自分で考えた目標や予定であれば、子どもも抵抗なく取り組むことができるので、一緒に考え、決めさせるとよいでしょうOK

 

自ら学ぶ習慣が身につけば、今後の学校生活や、社会生活において、大きな財産となります。

少しの時間でよいので、毎日自分から机に向かう習慣がつくよう、ぜひこの夏休みを活用して、楽しく導いてあげてくださいルンルン

AD