こんにちは。

 

今日はNゲージ鉄道模型、また荷物列車絡みですが..KATOのワキ8000が追加入線しています。

ですが、最近再生産された品番8024 を買ってきたわけではありません。

品番8005 スニ40と、品番8004 ワキ10000 からの改造車です。先日のスユ44に続き、またまた実際買ったのはスニ40など というパターンです(笑)。

 

手前が今回入線の改造車、奥が既存車両です。入線車両は、先日の荷物列車編成構成記事”マニシャッフル”で既に登場しています。→ Nゲージ×実車 東海道 急荷38レ [マニシャッフル-1]

 

きっかけはネット通販でワキ10000が売られているのを発見したことです。たまたま目に止まりました。

以前ブツブツと書いているのですが、今回再生産の8024 ワキ8000は実車とだいぶ異なる形状、スニ40と共通のボディーでプレート配置と表記類が大きく異なりますし、台車も異なります。

→ Nゲージ KATO ワキ8000は”そのまんま再生産?”

(上記 結果は、”そのまんま再生産”だったようです。)

銀色のドア部分はワキ10000などの貨車が実車に近いので、切り貼りをやって実車に近づけようという作戦です。

上記リンク記事に書いていますが、似たようなことをやった既存車はもう7~8年前の改造(台車のみ2年ほど前に換装)、この時は手持ちのスニ40とワキ5000を使いました。とび色のワキ5000を銀色に塗装して使用、私事当時アトピーが酷かったので、刺激の少ないエナメル塗料を筆塗り、塗りムラなどありました。今回のワキ10000は最初から銀塗装、綺麗に改造できるのでは?と思い やってみよう! となりました。

 

なお、ワキ8000再生産前だったのでスニ40を購入ですが、ワキ8000からも同様に改造出来る筈です。

何度も書いてますが、改造をやってみようという方がもしおられたら、自己責任でお願いします。

 

まず台車を実車に装着されていたTR223へ交換です。KATOの8054、コキフ50000のAssy台車を使用します。ホビセンで買っていた手持ちのパーツがありました。この台車、自称”コロ軸マニア”(何じゃそりゃ? 笑)としては大好きなデザインです。

コロ軸マニア?関連記事→ 流し撮り,コロ軸,ロボット掃除機..

 

写真のように1mm厚のプラ板でスペーサーを作って介せば、製品に付いていた台車ピンを使って取り付けられます。カプラーはボディーマウントにするので切り落としています。

コキフ用台車なので集電板が付いています。将来の転用などを考えて今回は床下に穴を開けて集電機能を生かしました。台車の集電銅板が接触してショートするので、ウェイト両端に絶縁テープを巻いています。なお、KATOの8024に付いている台車はTR211です。TR223に換装するだけでも軸距が広がってどっしり感が出る、リアルさUp と思います。

 

続いてボディーの加工です。ワキ10000の中央部ドア2枚分をスニ40ボディーへ移植してワキ8000を表現します。ワキのドアは少し大きめに、スニの方は小さめに切り出します。

 

双方が隙間なく収まるよう、ヤスリをかけてで整形します。ワキ10000の方は必要な部分の表記類を消しています。マスキングテープでマスキングして、MRシンナーを染み込ませた不織布でササっと拭けば表記を消せます。銀ボディーでどうかな?と思いましたが、綺麗に消せました。(注;コツの要る作業です。)

 

ワキから切り出したドア下部に青15号を入れます。ガイアカラーの筆塗りです。

レボリューションファクトリーのインレタを使って、車番など表記類も転写します。

実はワキ8000の車番インレタ、多分既存車改造の時からあるもので、糊が劣化していて厳しかったです。右側はワサフ8000インレタも併用して、この後一部やりかえています。

元スニのボディーには、裏から白いプラ板を貼っています。この上にドアパーツを貼り付けます。

 

”マニシャッフル-1”記事の時はマスキングの部分がワキ10000表記のままでしたが、後で気づいて元表記を消し、正しいインレタを転写しました。

 

こうしてワキ8000の完成です。電暖仕様車 8500番台の車番を選びました。貼り付けたドア上部の整形がイマイチ足りていませんでしたが、既存車よりはだいぶ綺麗に出来ました。

 

こちらはその既存車両です。

インレタ転写をするところ周辺を中心に銀塗装が持っていかれたりしていますし、接合部もイマイチです。

実はワキ10000をもう1両買ってあります。この車両をやり変えようと思ったのですが、接合部を整形する余裕厚みが無く、接着剤でガッチリくっ付いちゃっているので、バラそうとすると壊しそうです。

 

そこで再生産のワキ8000を1両追加注文しています。TR223も幸いもう1組あるので、ワキ8000/10000の2両から同じ手法でワキ8000 Grade Up車をもう1両作ろうと思います。

こうして荷物車両は増えて行きます(笑)。

 

2両を潰して1両を作るので勿体ないといえば勿体ないのですが、高価な製品ではないのでこれで実車に近づけられるなら良いのかな?と思っています。

何よりKATOさん、リニューアル品を出してくれると苦労は無いんですけどね(笑)。

 

ED75牽引になっていますが、先日のマニシャッフル-1 急荷38レ編成に繋がって運用します。

ワキ10000を見つけるまで、この編成6両目はマニ44で代走 と考えていたので、都合マニ44注文数が1両多すぎた ことになりました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 DCCへ にほんブログ村 鉄道ブログ 電気機関車・ディーゼル機関車へ  Blog村へのリンク

 

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)