ぼさぼさやばいほどまとまらん、早く髪減らしにいかねば。

過大な財政出動規模も髪の量も、緊縮財政やハゲやこ○さんよりましだけどって

今日はまじめに後半書きまーすΨ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

小 麺普通 野菜まし 麺はちょっときつめ盛り上がってたけどまあたいした

ことないけど、お腹きつくて倒れそうですっていって店でてきた。

いきなり別森にされたりになると、ほんと後が苦しいからなあ・・・

ランチ桐龍で夜ここだし、でもいっちゃった。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

ゴマたっぷりかけたら結構合います。これ次もやろ(^o^)

ゴマにボキボキ絡んでうまーい(=⌒▽⌒=)

ブタ たったの一切れ、13cm×6cm×厚さ4cmくらいだったか?

200gじゃきかない。けど神あたり(=⌒▽⌒=)

一昨日の喜多方ラーメン坂内 これ全部より上の一切れのが

多い(゜o゜)ブタましでこれが4切れほどくると、まじ撃沈の恐れが

あるがなんかなにでてくるかわからんから、ブタましの時はタッパー

持参してブタ半分もちかえってます(^o^)

ごちそうさまでしたー あー美味しかった。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

ところで、経済成長は高い方がもちろんいいんだけど、限度があります。

供給力は無限ではないので、限界を超えて金融緩和+財政出動を大きく

すると過度のインフレになり、ここでインフレ対策がとられます。

こうなると、弱い企業や経済的弱者が失業倒産増加で更に追い込まれてしまう

ので、過度なインフレはさけながら、高い成長を目指すのが理想と考えます。

 

過度なインフレでインフレ対策の金融引き締め緊縮財政実施の過程で

苦しむ確率が上がるのは弱いものなのです。

 

2017年は通期でおそらく実質で1.7~2.2% 名目で2.2~2.7%程度の成長

になると思います。2018年は歳出規模など財政がニュートラル、金融政策

は現状維持を前提にしますと、補正で追加真水一兆ばらまくと、外需が中立

であれば実質で1~1.5% 名目で1.5~2.3%程度の成長を予想しています。

 

ここで2018年単年度で15兆財政出動すると、乗数が当年度内で1.5倍でGDP

名目で4%、2倍とすると5.5%は押し上げることになります。

即ち名目で概ね5.5%~7%、状況次第ではもっと上になり、過度なインフレが

起こりやすくなるので、これは大きすぎるだろうということです。

 

尚、賃金も順調に上昇しています。

五年以上現時点で継続して同じ企業に勤務している25~50歳くらいの勤労者

の賃金は安定して上昇が80%以上、コンビニなどのバイトなど底辺労働者の

時給もここ三年で15%程度上昇しています。

実質賃金は下落からようやく横ばい緩やかに上昇になりましたが、これは労働者

平均なので、

実質賃金は総雇用者数が大きく増加の場合上昇しにくい

が真実です。逆に不況時に総雇用者数が減少する局面では上昇する場合も

あります。不況時には経済的弱者弱小企業ほど破たんや解雇が増加する

確率が上がるからです。高額所得者は不況で困らず、経済的弱者ほど困る

確率が上がるわけです。

総雇用者数増加、かつ総賃金増加がまとまってあれば、これは景気回復初期

の三年くらいは合格です。

 

バカ経済学徒の狂歌書よめくんなどがいっていた、

潜在成長率は0.8%だからそれ以上は財政出動してもインフレになるだけ

などは日本経済のポテンシャルを見誤っていると思いますが、供給制約

はあります。実質で3.5%以上は財政出動もまず効かなくなる水準と判断

して、15兆円の財政出動は規模過大(複数年だったら適正だけど)と思い

ます。

 

尚、格付けの問題も国債発行を原資とした場合、発生すると思いますが、

これは今日は割愛します。

 

 

長くなったので、公共事業と財政出動、供給制約は明日書きますので、石川さん

でしたか、明日もよんでご意見どうぞー(^o^)

 

「なんかやっぱまじめに書くとストレスたまるわー、明日セクキャバいくから

石川さん僕にセクキャバ代ちょーだい。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ」

にご賛同くださるバカは方はいいねをクリックしてください。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ