おはようございます!

ナルー茅場町院の加藤です‼️

随分夜が冷え込むようになってきましたね💦

うっかり薄着で出てしまいがちなので、

皆さんもお気をつけ下さいませ!


さて、最近ふと自分のことについて

考える時間があり、

そう言えば、私もうこの業界について

20年経つんだなぁーと

しみじみ考えちゃいました。

20年ってすごくないですか?!

おぎゃーっと産まれた赤ちゃんが、

成人しちゃうんです。

ただがむしゃらに突っ走ってきて、

何だかあっとゆう間でした。

少し自分を見つめ直すいい機会だなーと

思い、今日は私がどうして

この職業についたかをお話して

いこうかと思っていますニコニコ

この職業につくきっかけになったのは

高校生の頃でした。

私は両親にアルバイトを反対されていました。

だからと言って特別お小遣いを

沢山もらっていたわけじゃないし、

でもお年頃だしお洒落もしたい。

何とかしてアルバイトできるようにせねばっ!

っと日々考えていたところ、

新聞の折り込みに1枚のチラシが入っていました。

そこには、

「整骨院の受付アルバイト募集」

っと書かれていました。

高校生可、

夜19時まで週3日から相談

時給…忘れました笑

おーおー!この条件なら両親も

🆗くれるかも!

そう思って、母に恐る恐る

チラシを見せました。

すると、意外にもアッサリ🆗が!!!

「こうゆうの早く決まっちゃうかもしれないから、すぐ電話してみたら?」

っと言ってくれたので、

すぐさま電話!!

事はトントン拍子に進み、

アルバイト採用決定!!

これが、すべての始まりでしたチュー


この時、整骨院がどんなところなのか

まったく理解していませんでしたが、

バイトができるウキウキで

テンションMAXだったことは覚えています笑


整骨院でのアルバイト、

そこからの出会いについては

パート2で照れ