ZONE、想い出の曲たち(Vol.7)/『大爆発No.1』その3 | John's BOOROCKSブログ-I Love The Beatles, Fender Guitars & Movies!

John's BOOROCKSブログ-I Love The Beatles, Fender Guitars & Movies!

ハンドメイド・エフェクター・ブランドBOOROCKS(ブロックス)のスタッフによる、音楽(BEATLES & Fender)と映画の気ままなブログ。


テーマ:
昨日に続いて、今日もZONEの楽曲にちなんだ想い出話です。フェンダー・スタッフだった頃に関わったZONEの曲にまつわるお話をお届けします。
今回は「大爆発No.1」のお話の三回目です。
$John's BOOROCKSブログ-I Love The Beatles, Fender Guitars & Movies!
この曲のバックトラックのレコーディングには、著名なスタジオ・ミュージシャンが集められました。ギターを担当されたK氏がこの時使ったギターは、ZONEの予備用に用意した、白いフェンダー・サイクロンでした。

このサイクロンは、後にTAKAYOが「HANABI~君がいた夏」のプロモーション・ビデオで使用しています。以前もこのブログで書いた事がありましたが、このギターはいろいろなところに旅をしました。後に何とTOKIOの城島君が使い、その後フェンダーに戻ったのですが、このモデルが廃番となったため愛用者だったMARIAのAYUKAのために、イエローに塗り替えて彼女に手渡されています。

ところでこの作詞作曲を担当した和田勝彦さんですが、ZONEのデビュー前までの楽器のトレーナーをされていた方です。またカップリング曲の「メイク・ユア・ムーヴ~行動をおこせ~」の作曲者、井上ヨシマサさんは1979年にコズミック・インベンションのメンバーとしてデビューし、後に作曲家に転身。現在でも売れっ子作家さんで、「Beginner」「Everyday, カチューシャ」などAKB48の多くの曲を作っているのも井上さんです。

またカップリング曲「メイク・ユア・ムーヴ~行動をおこせ~」の編曲者としてクレジットされている「虎じろう」という名前は、もちろんペンネームです。メジャーデビュー前後から、ずっと楽器のトレーナーをされていた川上シゲさんとギタリストの宮永治郎さんの二人のペンネームです。

シングルの表題曲「大爆発No.1」はある意味でダンス・ナンバーですので、解散まで実際に演奏はしませんでしたが、カップリング曲「メイク・ユア・ムーヴ~行動をおこせ~」は、ライヴでしっかり演奏されていました。2002年ツアー「ZONE FIRST SUMMER LIVE 2002~子ぐまの大移動・大暴走だべさツアー~」、2003年ツアー「ZONE TOUR ASTRO GIRL 2003 ~夏だぁ!ZONEだぁ!全員集合~」の両方で演奏されました。余談ですが、ファースト・ツアーのサブタイトル「子ぐまの大移動・大暴走だべさ」というフレーズは、メンバー自身が考えたものとのことで、確かTAKAYOが思いついたものだったと聞いています。

この続きはまた後日に。

Johnさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス