二日目は、時代劇好きな父が喜ぶかも?と、太秦映画村へ行きました!












家族旅行…ってほのぼのしてそうに見えますが、宿を決めるにも、父はタバコ吸うので喫煙可能が条件なのと、食べ物の好き嫌いが多いので、朝食はバイキング式がいいという事で探すと、ホテルならあったけど、旅館ではなかなかなく…(-o-;)
しかも私は、沸かしたお湯ではなく、温泉にこだわりたかったし、料理が美味しい所も外せなかったので、妥協せずに頑張って探しました(°□°;)

…そしてついにあったんです!!父も母も満足してくれて、良かった~\(^ー^)/
やっぱり妥協はしちゃダメですね!諦めなければ見つかるものです☆

_<)
母はソフトクリーム食べたいと言い出したり、本当は八坂神社から、清水寺まで歩きたかったのですが、さすがに年だから無理かな?と思ってたら、母は「歩ける!!」と言い張っていたのに、やっぱり歩けなくて旅館に直行する事になったり…(汗)

そして私も両親も方向音痴で、人の後について行くタイプで、誰も仕切れる人がいないので、一人旅好きのマイペースな私が仕切るしかなくて(∋_∈)
私だって初めて行く所でわからないのに、年老いた両親を連れて行くしかないから、ちょっと歩いては人に聞き…を繰り返して、何とか辿り着きましたが、京都の人達がみんないい方々で助かりましたよ~(;_;)

最後に、「あ~( ̄○ ̄;)コレで珍道中も終わりだー♪」と、帰りのチケットを見て、座席がある場所のホームで並んでると、新幹線が来てから、又良くチケットを見直したら、座席番号を勘違いしていて、「わぁっ(°□°;)ココじゃない!!」と、ご老人二人をホーム走らせて、慌てて新幹線乗り込ませて、セーフ…でしたが(-.-;)
「もうっ(`ε´)!!チケット渡してあるんだから、私任せにしないで、自己責任でみんな確認してよっ!!!!」
と、間違えたコト棚に上げて、逆切れ…
「ハイハイ、ごめんねー」(母)
「ま、こーゆう事もあるよ(笑)」(父)

最寄り駅着いてからも、母がちゃんと後ろからついて来てるか時々確認したりしたら、「もうここまで来たらはぐれても大丈夫よ~(^з^)-☆!!」と、ノンキに…

「ありがとうね。大変だったでしょう」と言われて別れましたが、確かに慣れない幹事をやってつくづく向いていないと思いつつ、一人生活が長くて忘れかけてたけど、家族って結局許し合う事の繰り返しなのかな?
誰も完璧じゃないから、お互い様だし(・_・;)