あがり症克服カウンセラー日記「カクテルパーティ効果」 | あがり症に悩む全ての人のために(あがり症克服の秘訣)

あがり症に悩む全ての人のために(あがり症克服の秘訣)

あがり症克服専門カウンセラーの佐藤と申します。あがり症克服者として、あがり症(対人恐怖症、社会不安障害)に悩む方々に、あがり症の特徴や仕組、克服法、心理療法、体験記など多面的に語っていきます。カウンセリング随時承ります。東京であがり症講座も開催しています。


テーマ:

カクテルパーティー効果という心理学用語があります。

 

これは、例えばカクテルパーティーのようなザワザワしたうるさい場所でも、自分が関心のある人の声や関心のある内容の言葉は、なぜか聞こえてしまうというものです。

 

人間はうまくできたもので、単なる聴力だけではなく、こういった特性も兼ね備えているのです。

 

しかし、一方でそれが苦手な方もいます。

特にアスペルガー障害などの発達障害者の方に時折見られるのですが、逆に全ての音を拾ってしまって弁別できないんですね。

 

これは、結構な苦痛となります。

例えば電話受けてて周りの声が聞こえるような時、混乱します。

受話器の向こうで話を聞いているだけでなく、受話器のこちら側の音も同様に同じレベルで聞こえてくるのですからたまりません。

発達障害者には感覚過敏のかたが多く、こういった方はきっと聴覚が過敏なんだろうと思います。

 

では、あがり症の方はどうなのか?

彼らもまた感覚過敏です。

というよりもむしろ自分の欠点に対する感覚過敏といった所でしょうか。

 

自分の欠点やミスをまるでサーチライトで探し出すかのように見つけては、その傷口をいじって広げていきます。

 

自分の鼓動や呼吸に意識を向けて、少しでもドキドキすると過度に怯える。

声が震えたのではないかと自分の緊張や不安から来る身体症状を過敏に捉える。

相手の顔色を見て、硬い表情を自分への否定と捉えて過剰に萎縮する。

 

本当はできているところはたくさんあるのに欠点やミスにばかり注目してそれに気付かない、あるいは気づいても否定するんですね。

 

要は気にし過ぎなんです。

気になって気になってしょうがない。

気にすまいと思っても気になってしまう。

 

そうすると、何が起こるか?

 

カクテルパーティ効果で欠点を探し出し、サーチライトでより鮮明化させて、虫眼鏡を当てて症状を燃焼させてしまうのです。

 
 

 

………………………………

 

「あがり症は治さなくていい——大切なことはアドラーと森田正馬から教えてもらった」 佐藤健陽著<旬報社>発売中!!

 

【amazonより→】https://goo.gl/W6JXya

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
カウンセリングのお問い合わせ

藤たけはるカウンセリングオフィス

https://www.takeharukokoro.jp/

 

 

各種セミナー詳細はこちら!

 

ストアカ

 
 

佐藤 たけはる

佐藤たけはるカウンセリングオフィス/講座・セミナー

 

……………………………………………………

あがり症克服一日一言365日

メルマガ配信中!

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgoDpwkk

……………………………………………………

↓クリックしてね↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村

あがり症に悩む全ての人のためにさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス