Core i5-2400S ベースの自作パソコンで使ったパーツ一覧 | なにごとも経験!ツイッター&フェイスブックでつながる

なにごとも経験!ツイッター&フェイスブックでつながる

こちらのブログは WordPress で作成したオリジナルブログ( http://www.nanigoto.com/ )に移行しました!


テーマ:
今回、自作したパソコンに使ったパーツを自分のためにもメモ。

【CPU】 intel core i5-2400S \17,480-
【マザーボード】 ASUS-TeK P8H67-M PRO \13,980-
  → CPU(Sandy Bridge 各種)と同時購入で \2,000- 割引
【メモリ】 crucial CT2KIT51264BA1339 4GB*2 \9,980-
【SSD】 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 64GB*2 \10,950*2
【HDD】 Hitachi 0S02600 SATA300/7200/500GB \3,580-
【光学ドライブ】 Pioneer BDR-206BK/WS \13,980-
【電源】 HEC-SE560 \8,980-
【ケース】 TAO ST-560T-B \8,980-
【OS】 Windows 7 Home Premium 64bit \12,600-
【その他】 SATAケーブル*2 \710*2
----------
【合計】 110,880円

 


選んだときのポイントとしては

・第二世代 Core i シリーズ(Sandy Bridge)を使いたい
・ほとんど高負荷の使い方はしないので Core i5 に絞る
・省電力にしたかったので core i5-2400S を選択
・core i5 の内蔵GPU で十分なのでチップセットは H67
・マザーボードは、とりあえず無難な ASUS-TeK 製に

・SSD 2台を SATA3 で RAID 0 構成をやってみたい
・Blu-ray の読み書きができる光学ドライブが欲しい


といったところで、CPU冷却ファンは付属品を使い、グラフィックボードは購入しませんでした。micro-ATX 用のケースなので、大きすぎず、いい感じです。


個々のパーツの選択はほかにも考えましたし、同じパーツでも価格のより安い店を探すことはできましたが、時間も限られていたのでツクモで買い揃えました。

起動用の SSD 2台 や Blu-ray ドライバ を除けば、8万円程度のマシンもできましたが、そこで楽しまないと何のための自作か分かりませんよね。




自作が完成後、毎日使って4日ほど経過しましたが、Windows 7 やオフィスソフト、ブラウザの起動が高速で、動作もきびきびしており、とても満足しています。

今後は地デジチューナーでも追加してみようかな あせる
 

なにしろパソコン編集長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス