Titleist TS3 ドライバー | ゴルフクラブを弄りたい。

ゴルフクラブを弄りたい。

ゴルフ道具に関するブログ。

2018年9月28日に発売となったTitleist TS3 ドライバーが届きました!

Titleist TS3 ドライバー(9.5°)

今回のモデルから従来の91〇ナンバリングではなく、TSという名前になったようですね。

米ツアーの選手にも評判がいいようで、917Dからの切り替えがスムーズに進んでいるそうです。

ネットや雑誌などでも今回のモデルはタイトリストでは珍しく(笑)、初速が出るとの噂が出てましたので、思わずポチってしまいました^^

 

せっかく手元に届いたので、細かく見ていきたいと思います。

まずはヘッドの形。

上から見ると従来のタイトリストの91〇D3シリーズに近い形ですね。

ただ、上からの見た目はちょっと大き目に見えます。

今回から、TS2もTS3もヘッド容積は460ccになったそうですね。

 

次はSure Fit Tourシステム(スリーブ)部分。

91〇シリーズのスリーブから変更はない模様です。

シャフトの流用等もできて、ここは変更されなくて嬉しいところです。

 

さらに、Sure Fit CG ウェイトです。

この重心角変更に関する機能はTS3のみに搭載となりました。

新しいSure Fit CGウェイト(重さは11gでした)

 

片方のキャップ?がマグネットで外れます。

 

キャップを逆側につけるとドロー/フェードウェイトに。

 

917Dまでのウェイトはやたら高くて不評でしたから、このように1本のウェイトでスタンダードとドロー/フェードウェイトを兼ねるのはいいことだと思いますが、結局違う重量のウェイトが欲しい場合は買う必要がありますが、しかし!

なんと917Dシリーズのウェイトは流用可能です!

TS3のウェイトは11gでしたが、異なる重量の917D用ウェイトをお持ちの方はTS3にも使えるので活用できます^^

 

最後に、TS3のヘッド重量を計測してみました。

 

ヘッド単体(CGウェイト無):182g

ヘッド単体(CGウェイト有):195g

 

CGウェイト有の構成は、ヘッド+CGウェイト11g+ウェイトキャップスクリュー2gです。

重量については個体差があるかもしれません。

 

というわけで、タイトリストTS3ドライバーの観察結果でした。


ちょっと練習場行って打ってみたいんですけど、台風接近で雨が降ってて腰が重いです(笑)

 

では!