なんか今日は、とっても疲れました。

真っ暗な部屋に帰り、電気をつけると、玄関に迎えに来てくれる愛ネコ。

そんな愛ネコを抱っこし、身体に顔を埋めて

ただいま…

おかえり…

甘えたように、身体を擦り付けてくる愛ネコに、可愛い…って思ってしまいます。

一通りのお世話を済ませて、ベッドに横になりました。

スマホを握り、自然と指が、Kさんとのメールのやり取りのページを開く…

読み進めるうちに、目にいっぱいの涙が溢れはじめた。

まだ好きなんだ…

忘れてないんだ…

そう思った瞬間、必死に流さないように押さえていた涙が、こぼれ落ちた。

そして、浮かび上がる裏腹な気持ち…

愛するより、愛された方が、私は幸せになれるのかも知れない…

そんな事が、頭の中をよぎります。

愛するだけでも幸せなのに…

弱いね…私

ダメだね…私

一途な想いに疲れた瞬間、裏腹な想いに、また苦しくなる。

Kさん… 私、とっても苦しいよ…