おはようございます、落武者です。

 

落武者は若い頃、十二指腸潰瘍持ちでして、その残痕が毎年の検診で引っかかります。

そして最近、胃の調子が良くないんですよねえ。

まあ、ラーメン二郎を食べw、毎日毎日酒を浴びるように飲んでいて、今更何を言うのって話なのですがw

 

事の発端は一週間ほど前に、朝の通勤途中、横断歩道の真上に止めた自動車があり、「ったく渡れないじゃないか!」と心の中で毒を吐きながら運転手の顔を見た瞬間に嘔吐が込み上げてきたのです。

サルトル?

これってサルトル?

いや、「失われた時を求めて」の主人公的無意識の記憶が蘇ったのかもしれません。

 

まあ、それはともかく、突然の嘔吐に襲われ(吐きはしませんでした。)、それがずーっと続いているのですよ。

お腹も張った感じがし、食欲もありません。

でも、普通通りに飲み食いはしてますw

 

何せ小心者なので、考えすぎちゃうと胃に痛みが来るんですよねえショボーン
 

写真はキハダを煎じたものです。

「胃が痛いなら、キハダが定番よ。」と妻が持ってきてくれました。

キハダって知っています?

木の種類です。

樹皮を剥ぐと黄色いので”キハダ”と言うらしいですね。

妻は、義父が現役ハンターだった頃に採取してきたものを大事に飲んでいます。

もう、ほとんど無いらしいので貴重なんですよ。

まあ、気休めねw

 

落武者職場の先輩が、定年退職の数ヶ月前に胃癌が見つかり、「依願退職」だなどと言っていた事を思い出しました。(先輩は手術も成功し、今も元気です。)

 

時間作って医者に行きましょう。

忙しいのになあ。

 


にほんブログ村


50代サラリーマン ブログランキングへ