右翼も嘆く幼稚さよw

テーマ:

おはようございます、落武者です。


まあ、でんでん内閣の閣僚等、どいつもこいつもボンクラばかりなのはわかっていました。

何せ小学校で習う漢字も読めない人間が首相なのですから、他の閣僚も同レベルw

人間なんざぁ、所詮同じ程度の人間としか付き合えないものなんです。


でも、政治家がウマシカでもこれまでは官僚組織が堅固な体制で外枠を固めていたので、それほど常識から逸脱するような事はなかった。

しかし、その頼りのw昨今の官僚の腐敗振りは、中華帝国の宦官政治と見紛うばかりの体たらく。


もり蕎麦かけ蕎麦にはじまり、今度は厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切な抽出調査問題。

何時まで経っても膿が出尽くさない。

「遺憾」は、いかんだろ!


2018年3月28日にでんでんは財務省の決裁文書改竄問題に関し、以下のように記者に答えていた。

 「財務省の決裁文書書き換え問題をめぐり、国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態となったことを、行政の長として責任を痛感しております。改めて国民の皆様におわびを申し上げたいと思います。しっかりと調査を徹底し、全容を明らかにし、膿を出し切り、その上で二度とこうしたことが起こらないように組織を立て直していきたいと思っています」


 

膿を出し切れるわけがないのだよ、でんでん!

何故ならおまえが膿だからだ。

膿そのものであるでんでん、お前が辞めるしかないのだよ。

そして今回の厚労省の問題でも、「統計の問題は極めてご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝っているが、謝ればなんでも済んでしまうのか?

この際、ズラと一緒に辞職したまえw


さて、頼りになれぬ官僚諸君f^_^;

以前も書いたが、官邸ではなく国民を見て仕事をしなされ。

官僚としての矜持は何処へ行った。

でんでんは矜持などという漢字は読めないだろうが、あなた方は読めるだろうw


そして、でんでんとその取り巻きよ。

あなた方は一端(いっぱし)の国士のつもりなのかもしれないが、その幼稚な脳みそと言動は恥ずかしいばかりなのだぞ。


右翼には理論が無いなどと、かつては言われもしたが、決してそのようなことは無い。

戦前の北一輝に代表されるような思想家も居たのだ。

でんでんとその取り巻きよ、「日本改造法案大綱」読んだことがあるか?

その方向性と方法論に賛同は決して出来ないが、そこには思想があるぞ。

無料で読めるから、漢字は難しいがw読んでみろ。


戦後も野村秋介先生のような立派な新右翼思想家も居た。

西郷隆盛語録 今の政治家へ


今のでんでん達の言動は、右翼思想家&活動家も嘆く幼稚さであることを少しは自覚した方が良い。


でもねえ、なにが性質(たち)が悪いって、でんでんは自分の言葉にまったく責任を持っていないことなんだよなあ。

最凶だよ、ある意味。

それにしても、外国で遊んでばかりいないで、漢字ドリルで少しは勉強しろw