霊媒体質の方の特徴(2) | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。

 

こんばんは。

霊媒体質の方の特徴とは様々です。

霊能力と言っても、その種類に色々あるのと同じように、霊媒体質の方の特徴もいろいろなのです。




たとえば、霊媒体質の方が、ある特定の人と居るときだけイライラしたり、おなかが痛くなったり、不安になったりするのは、その人の霊症や霊障が伝わってくる為……という事もあります。

また、霊媒体質の方が、鍼灸師や整体師やお医者さんとして触診などをしてしまうと、ごく少量ずつではあるのですが、その人の霊症を自分の身体に溜めていってしまうことになります。

その少しづつ溜まったものが、病気として、自分自身に害を及ぼしてしまうこともあります。




他に、霊媒体質の方でも、念に弱い人もいます。以前も書きましたが、念症というものです。

人ごみが苦手だったり、映画館の中に入ると喉がイガイガしたり、咳き込んだりしてしまいます。

ほこりが原因だと思い込んでいる人もいますが、そうではなく、念症なのです。

だから、マスクをはめても治まらないという方がいるわけですね。




この霊媒体質というのも、霊能力の一つではあります。

相手の痛みや苦痛を理解できる という点で、人間離れしています。




桃木のお守りを持っていても、この 「感じてしまう」 という事はどうしようもありません。

霊感があるから感じる。この感覚を、完全に消し去ることはできません。

霊能力のコントロールというのは、忍耐という事も含まれているのです。

超越すれば、見えるものの調節という事も可能ではあるのですが…



 

シックスセンス管理人