気功などを行う上での注意点 ② | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。



こんばんわ。シックスセンス管理人です。

前回の続きとなります。
霊能力者の方やスピリチュアルカウンセラー・気功師向けのお話です。
タイトルは気功を行う上での注意点ですが、逆もしかりで、気功を受ける上での注意点にもなるかと思います。

③ 施術をやると自分の身体がボロボロになる?

相手によっては、その日1日、動けなくなるほど身体が疲れる。
相手によっては、とっても気が入っているような感覚になる。
相手によっては、もう来ないで!と言いたくなるほど肉体的にも精神的にも疲れ果てる。

これらの話は良くお伺いする内容です。

「なぜなんでしょうか!?」と前のめりで、質問をしてくる相談者の方もいます。

考えられる原因はいくつもありますが、ここでは3つ解説したいと思います。

❶ 相手が背負っている見えない世界の存在の攻撃を受けている。
(このブログを長い間読んでいただいている方からすれば、もう常識になっているかもしれませんが)
施術をする相手が、仮に生き霊や悪霊系等を背負っていて、攻撃を受けているとします。
それらの存在は、その人の身体がボロボロになるように働きかけているのですが、いきなり誰かが気功やヒーリングという見えない世界からのアプローチで気を流したり癒やしたりしてくるわけです。その時、何かしらのきっかけにより、その術者に攻撃をしかけてきてターゲットが変わるわけです。もしくは、攻撃の対象が完全に変わってしまう事もあります。施術者が仮に見えない世界の力が強い場合は、その家族に対象が変わってしまう事もあります。

画:シックスセンス管理人

❷ 念を込めて気を発している為に、念レベルによっては、自分自身の身体に念が跳ね返ってきて、念が積もっている。
ヒーリンングをやり始めてすぐに無理だと思い辞めてしまう方も多いようですが、この念レベルの違いによりやられてしまう方も多いですね。

❸ 代償
ヒーリングや気功は、見えない世界を通ってしか使えない力です。そこでは通行料のようなものが発生しているのですが、それを払う事なくやり続ける事により、身体や心がボロボロになっていくという場合もあります。


④ 受けての方が、眠くなったり、ビリビリ、ジリジリしたりするというのですが、大丈夫でしょうか? ひどい人の場合は、めまいがし始めたり、かなり状態が悪くなってしまいますが、大丈夫でしょうか?(これは気功師やヒーラーさんからのご質問に多いですね)

→Ans→→

多くの場合が、気質が合っていないからです。合っていれば、何も感じないようで、でも、ポカポカしてきます。

または、念が入っていれば相手は念症に合ってしまいます。(念症についてはこのブログで何度も解説しております。)喉が詰まったような感じになったり、呼吸が深く吸えないような感じになったり・・・いろいろです。

ジリジリする場合には、術者(施術者)が何かしらの「魔」と契約している場合に多いようですね。
何かしらの力を使って? 何かしらと契約している場合には、ジリジリするでしょうね。

気が流れていなかった場合に、気が流れ出した事によってジリジリと感じる場合もあるかとは思います。


最後に・・・
多くのヒーラーさんやスピリチュアルカウンセラーさんは、人を癒やしたり元気になってもらう事を喜びとしており、良くなって欲しいと考えて活動をしていらっしゃいます。今回、解説をした内容が全てではありません。

ただ、かなりの危険が伴う霊能力でもあるという事はお伝えしなくてはと思います。受けての人も、たまたま術者と気質が近いから、あの人のは身体に合うとか、あの人のヒーリングを受けると具合が悪いとか、そんな言葉が聞こえてきた時には、気質が合っていないのです。見えないのにやるのは非常に怖いと思います。

魔物(光や数字や色や宇宙の力?)との契約をしている場合、ヒーラーご自身の人生がジェットコースターのように浮き沈みしていく事が多々あるはずです。昨日の記事ではスピリチュアル難民について書きましたが、ヒーラーさんの場合は、ヒーラーさんご自身が、いろんなスピリチュアルを周り続ける「ヒーリング難民」になっている事が多いように思います。

お気をつけください。
代償は自分自身だけでなく自分の家族にも行ってしまう事があります。

シックスセンス管理人