霊体、念体、狐、魔物、妖怪 | 見えない世界の真実が此処に®
新型コロナウイルスに関する情報について

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。



お化け、

 

霊体、

 

幽霊、

 

心霊現象




さまざまな言葉で表現される

 

見えない存在。




私達が

 

霊体と呼んでいるのは、

 

人間が死んだ後に、

 

その存在となるもの。

 

つまりそれが、霊体です。




念体とは、何か。

その前に、

 

とは何か。




念は、

 

霊体よりも強く怖い存在です。








霊症や霊障について、

 

もう一度、説明しますと




霊症というのは、

 

霊体が発するある種の放射性物資、

 

すなはち冷気が、

 

人間の身体に悪影響を及ぼすことです。

 

その冷たい冷気により、

 

肩がこったり、

 

腰が痛かったり、

 

心臓に負担がきたりします。




霊障というのは、

 

霊に憑依されたりし、

 

精神分裂になったり、

 

または気づいたら、

 

高層ビルの屋上で飛び降りる寸前だった

 

などという事や、

 

物事に集中することが難しかったり、

 

または、

 

睡魔に襲われたりする症状のことです。




その他にも、

 

もちろんいろんな症状が考えられますが、

 

それは今までにも書いている通りです。




念とは何か。

念とは、

 

生きている人間が発するもの。

 

怒りや憎しみや悲しみや…

 

そういった想念だと、

 

ここでは説明しておきます。




その念を、誰かに向けた場合、

 

その誰かの念の方が強ければ、

 

念を向けたあなた自身がやられ、

 

相手の念の力が弱ければ、

 

相手は念の影響を受け、

 

その代償として、

 

あなた自身も念の影響を受ける。

 

これが、念です。




死んですらなお、

 

この想いの念を発している霊体を、

 

怨霊とよび、

 

その怨霊が発する念を、

 

怨念と表現していますが、

 

この怨念は、

 

生きている人間が発する念よりも、

 

さらに怖いものです。




この怨霊は、輪廻転生しずらく、

 

長い期間、

 

幽界にとどまることになります。

 

 

 

 

たとえば、それは、

 

呪っている家系が

 

すべて途絶えるまでかもしれません。




次に、

 

これらよりもっと怖いものが、

 

というよりも、

 

強いものが、

 

狐体です。




狐体といっても、

 

以前も書きましたように、

 

動物の狐が死んだ後に霊体となり、

 

それが狐体である

 

というわけではありません。

 

ひとつの存在として、

 

いるわけです。

 

どうぶつの狐とは

 

似ても似つかない

 

怖い様相です。




この狐と、

 

知らず知らずのうちに

 

契約してしまえば、

 

もう一度説明しますと

 

(以前も何回も書いては居ますが)




稲荷神社や、

 

狐が巣食っている神社などに行って、

 

お参りします。




人間

 

 「どうか、商売繁盛をお願いします…」




狐 

 

「そうか、わかった。

 

では、毎週油揚げと、

 

売上げの30%をもってこい、

 

そしたら願いをかなえてあげよう」




人間

 

 「 …」

 

 当然聞こえていない。




しばらくして、また、人間が来る




 

 「どうした、

 

あぶらあげしか

 

持ってきていないじゃないか。

 

お金も少ないな」




人間 

 

「 どうか、

 

商売繁盛をお願いします…」




 

 「熱心なやつよの…

 

そんなにお願いされたら

 

悪い気はしないな…

 

多少手伝ってやるか…」




熱心な商売人であればあるほど、

 

狐は手伝いますが、

 

その見返りを狐に払っていない人間は、

 

いつしか、

 

奈落の底に落ちていきます。




よく、マンションやビルの屋上に

 

稲荷神社を建てている人がいますが、

 

完全に操られていますね。




その代償は、

 

二代目や三代目に

 

大きく降りかかってきます。




魔物は、

 

人間の想念を喰らって

 

生きている存在です。

 

 

 


つまり、

 

人間同士を憎しみ合わせたり、

 

悲しませたり、

 

戦わせたり、

 

恨みの念を生ませたり…




魔物にとっては、

 

人間という存在は、

 

魔物のプランテーション

 

(植民地)

 

みたいなものです。




この魔物の存在を感知したり、

 

魔界からの誘いに負けず、

 

制することが出来ない状態で、

 

除霊や浄霊などを行なうことは、

 

依頼者だけでなく、

 

霊能力者自身が危険です。

 

 

 

 

ずっと代々、

 

魔物にいいように

 

操られることになりますよ。




妖怪。

 

念と霊体 

 

念と魔物 

 

つまり、

 

何かと何かが合体したものが、

 

妖怪です。

 

脅威です。




さらにその上の存在、

 

さらに上、

 

さらに上、

 

さらに上までありますが…




シックスセンス管理人