霊能力を行使する占い | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


占いとは…

正直なところ、私は占いには詳しくありません。

しかし、風水にしろ、占星術にしろ、手相学にしろ、それら占いを否定するつもりはありません。




なぜなら、それらは統計学であるからです。




統計学とは、確率論であると思います。

確率論から、人生の道筋をたてたい気持ちは、どの国の人でもあります。

いや、正確には、ずっと前、8000年以上前から人類はシャーマンを仲間に持ち、祈祷をし、見えない世界の力に頼り、狩りをし、農業をし、物事を決めてきたのです。




しかし、なぜそれらが、正しいことがあるのか。




実は、太陽の黒点でさえ人間の脳に影響している…かもしれません。

潮の満ち引きでさえ、人類に影響を及ぼしますよね。

満月の日。

 

あの光は人間に影響を与えますよね。




わずかな太陽の動きですら、人間の脳に影響を及ぼし、交通事故が多かったり、殺人が多く発生したり、人類が戦争に向かうようになってしまったり、わずかな太陽の動きですら、そうなのです。




西暦何年の何月、何日に生まれた人は、傾向として…○○である。




なぜか。




たとえば、それはその日の太陽の動きに影響しているかもしれないのです。




何月何日生まれの人は、○○な傾向がある。




それが、統計学であるのですが、なぜそうなのか。

 

それは確かに宇宙の影響であり、ひいては、地球のマントルの動きかもしれません。




統計学として、占いなどが成り立ってきているのは、人類が勤勉であったからと同時に、何か分からない影響を、その影響をおいておいたとしても、築き上げてきたのです。




さて、本題に入りますが、


占いは、統計学であります。




※その統計学を嘘偽りの上に、誤った商売をしている人を除きます。

※適当に、その日の気分で、人の気持ちを操っている人を除きます。




霊能力を行使している占い。




いえ、霊能力を行使していることを気づかずに行っている占いは、やはり代償を支払うことになります。

当然、そこに第六感を用いれば、代償が発生します。




一番危惧しているのは、未来を見ることです。




未来を見るのには危険が伴います。

未来を見れば、未来が変わることすらあります。




いえその前に、

 

果たしてその未来は正しい情報なのか。

 

魔物などが見せているものではないのか。




本来、見なければ良い方向に進んでいたのに、代償やバランスを考えずに、依頼者の未来を見た為に、未来が変わることすら多いのではないでしょうか。




霊能力を行使する占いは危険なのです。




それよりも、普通に何も考えず、見ず、占いをやるほうが依頼者にとっては良いのではないでしょうか。




シックスセンス管理人