「なりきり」の神 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。

 

 







数字




それらは人間を操る魔物の仕掛けであったり、伏線であったりする事は理解して頂いたと思います。


もう1つ、霊能力者のためというよりも、霊体の声が聞こえる人にとってしかも、弱い人間にとって、大事な知識があります。




それは、

 

「なりきりさん」

 

と、私達が呼ぶ、霊体です。




彼らは、生きていた時に、名のある人物であったり、また普通の人であることもあるのですが…。




以下、たとえ話です。




西暦、1500年頃の日本。


彼は、学者として名のある人物でした。


多くの人たちから、「先生」と呼ばれ一目置かれる存在でした。


周りから羨望のまなざしを集める人物でもありました。


しかし、50歳になった頃、結核の為、命を落としてしまったのです。


死んだのか。


生きているのか。


分からない彼は、街道を歩いてどこともなく歩いていました。


どれくらい歩いた時でしょうか。


お堂が道端にあり、その中に道祖神がありました。


彼は、よっこらしょっと、肉体がないので全く疲れてはいないのですが、生きていた時の感覚で、彼はお堂の入口のところにある縁側に腰掛けました。


しばらくすると一人の旅芸人がやってきました。


「なにやら私に向かって…ブツブツとお祈りをしているな…」


なんだか悪い気がしない。


またしばらくすると、旅の者がやってきました。


「なにやらまた、私に向かって…お祈りをしている…」


「そうか、そうか、わかったぞ…ホッホッホッホ…」


と、肉体を失ってすぐの状態では、まだ話すことが出来ないのですが…彼は、そんな言葉を言い返すのでした。


彼はなんだか上得意な、誇らしげな気分になってきました。


またしばらくすると、おばあさんがやってきて花の水を替えにきたようでした。


何日も何日も彼はそこに座っていました。


気分が良いので、ずっと座っているのでした。


道行く人たちがお祈りしていくのを眺めていると…。


※浄化されていない霊体は、自らが放つある種の放射性物質の為に、自らの記憶が薄れていき、時と共に、なにかしらの想いだけの存在になっていきます。






年月が経つと共に彼は、道祖神のことなどすっかり忘れ、自らが何かの神であると思い始めたのです。


「ふむ、わかったぞ…饅頭を持って参れ!」


とは、言ってみるもののその言葉に反応する人は、何百年もいませんでした。


彼は、数百年の時を「なりきり」の神として過ごしたのです。





相当な時間がたったある時、一人の男性がやってきました。


街道は無くなり、あのお堂は裏道のさらに外れのような場所となっているのですが…


そのやってきた男性も、むにゃむにゃと何かをお参りしているようでした…


いつもの調子で、

「ふむ、わかったぞ…さすれば饅頭を持って参れ!」と言うと…


「えーーーーーー!!」


その男性は驚き慌て、「か、か、か、神様だー!!!」と叫びました。


「ぇ…?あ、ああ、そうだ、神だ…」


「あわわわわ…ど、どうしたら良いのでしょう…」


「私の言う事を聞けばよいのじゃ…」


「えええ…は、はぃ…」





それから、本当はただの霊体であるはずの「なりきりさん」は、その不幸な男性に言う事を聞かせ、いろいろな事をやっていくのでした…。


浄化されていない為に、その不幸な男性は、冷気により身体を病んでもいきます。


しかし、その霊体は、偶然にもいろいろな事を覚えており、


奇跡?を起こすのでした。


(終わり)





これが、なりきりの神です。


私達は、なりきりさんと呼んでいますが、意外にも、霊体の声しか聞こえない人は、このなりきりの神を本物だと思うようですね。


しかし、本物の神が、モノを探させたり、いろいろな命令をしたりはしません。





シックスセンス管理人