小さな掛け軸 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


私が中学の時の出来事です。

 


その日は、友人とつまらない事で口論になり

 

喧嘩をしてしまいました。

ムシャクシャした気持ちで歩いていました。





いつもならば20分ほどで自宅に着くのですが、

 

その日は遠回りをして帰る事にしました。

 

 

日頃、通らない道で気分も少し変わり、

 

怒りも少し落ち着いた頃。




田んぼのあぜ道を歩いていると

 

足元に小さな掛け軸が落ちていました。

 


丸めてあるのをほどき、

 

開いて見てみると

 

観音様が描かれていました。




何処かで見たことがあるなと思っていました。

 

まさに!

 

仏壇に入っている掛け軸でした。




そのまま置いて行こうかとも思いましたが、

 

ぞんざいに扱ってはいけないと思い、

 

持って歩いていました。

 


歩いていると、

 

丁度良い長さの棒が落ちていました。
 

棒を拾い、棒の先に掛け軸を結び付けました。




電柱の穴に棒を入れ、

 

掛け軸を掛けて帰る事にしました。

 





それから3日ほど過ぎたでしょうか。





夜中から朝に掛けて

 

強い腹痛に襲われ、

 

早朝病院に行く事になりました。





診察の結果、

 

急性胃炎と診断され、

 

5日~6日間とても辛い思いをしたのです。

 


その後、急性胃炎は良くなったものの、

 

久しぶりに会った友人と登校時に話に夢中になり、

 

電柱に気付かず激突。




左顔面強打、

 

左目の周りは腫れ

 

内出血が酷く

 

眼帯をはめて生活をする始末。

 


電柱に激突して2日後、

 

自転車で友人の家に遊び行った

 

帰りでの出来事です。




夕方、日も沈み周辺も薄暗い時間帯。

 

友人の家を出て急いで帰宅していました。

 


眼帯をしていて見ずらかったのか、

 

またも電柱事件。

 


今度は電柱にトタンで出来た看板が設置してあり、

 

気付いた時にはすでに遅く

 

がんばって避けたのですが、

 

左腕のところを看板の角に引っ掛けてしまい、

 

お気に入りの服は破けるわ、

 

左腕はザックリ切ってしまうわで、

 

散々な目に会いまし た。

 


当時は悪い事が立て続けに起こるな~

 

と思っていました。

 


それから時が経ち、

 

屋祓いを終えて

 

優愛の代表と話をしていますと、

 

こんな話が聞けました。

 


自分の身体を中心に半分に分けて

左側を怪我するのは、見えないモノの仕業。

右側を怪我するのは、

 

神事の間違い、もしくは、

 

自分の不注意のどちらかだよ と。

 


その時、中学の時に起きた出来事が

 

脳裏をかすめたのです。




正直びっくりして、動揺してしまいました。




私自身そんな事とは、

 

露程も思っていませんでしたし、

 

当時は良い事をしたと思っていたからです。

 


けれど、見えないモノの観点からみれば

 

良いカモが来た

 

と思われたか。

電柱にぶら下げやがって

 

と怒りを買ったのか。




もしくは、全く違う理由かもしれません。

 


「触らぬ神に祟り無し」

 

という言葉もあるくらいです。

 


よく解らない物や置物。

素人判断で

 

お札、お守り、呪文(唱え事)の書いてある紙などを

 

何も知らずに扱ったり 、

 

自分勝手に処分したりすると、

 

怪我の素なのです。

 

 

 



 


時見