肉体的な、霊媒体質の方の特徴 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:

見えない世界の真実 新初級編 ③

 


 

霊媒体質の方の特徴というのは、

隣に胃が痛い人がいるとなぜだか


自分も胃が痛くなるという現象である、

というのはもうご理解頂いたことでしょう。

 



今回はもう少し肉体的な、


霊媒体質の方の特徴について

掘り下げて解説していきます。

 



隣に首が痛い人がいると、


なぜだか自分の首も痛くなってくる。


これは霊媒体質の方の特徴です。




しかし、前回お伝えした通り、

相性度が低ければ、その人と距離を置けば、

その痛みはいつの間にか無くなっている。

これは、その人という「存在」が離れた為です。

 

ところが、その相手の事を心配していたり

思いやっている場合には、

 

相性度は高いままで、

その人という「存在」は離れないことになります。

この場合、首の痛みはなかなか消えないかもしれません。

 

が、さらに、



何かに集中したり、

心を奪われるような

何か大きな問題が降りかかってきた場合、

その人という「存在」は離れる事でしょう。



要は一時的に意識が外れ、忘れるのです。



この場合、

 

その問題が終わり、

またその相手の事を思い始めると、

相性度は元に戻り、

首の痛みが復活する事もあるでしょう。

※戻らない場合もあります。




長くなるので、この説明は割愛します。

 

厄介かもしれませんが、
 

これが

 

霊媒体質=霊感=霊能力 なのです。

 

さて、電車などに乗っていて、

隣の人の肉体的な痛みや重さを

 

感じているだけ ならば、

 

電車を降りればそれは終わるのですが、

この存在が、

 

生きている人間では無い場合 があります。



「どこかで拾ってきた。憑かれた。もらってきた。」

などと表現する場合です。



これは前回②で説明した内容も、

もう少し掘り下げて解説する必要があるのですが、

自分とチャネルが合う存在で、さらに、

 

その痛みを自分自身のものだ と思った場合

のことです。



いや、正確には、

この「見えない世界の真実」を知らなければ、

誰しもが自分の痛みだと思うことでしょうね。


 

たとえば、電車のある席に座っていた人が

その場所で強く落ち込んで

 

思いにふけっていた場合、

そこに負の念や念玉が形成されます。



そしてその念を発した人間が

『右腕が痛い』と思っていたとします。

そうすると、負の念玉には

『右腕が痛い』という思いも乗るわけです。



たまたまその席に座る事になり、

念との相性度が高い体質であった場合、

あなたはその念をもらってしまう事になるのです。


なぜだか右腕が重だるい。


「なんでかな?

ああ、最近ボーリングをやったからかな?」

などとしばらく右腕が重く痛い状態になり、

魔化すれば、魔物のターゲットに入り

精神的にも暗い感情が続くかもしれません。



いずれにしても、念を魔が、

どのようにか処理するまで終わることはないでしょう。



もしくは前述の通り、

肉体と精神のバランスを取るように努めると

見えない世界の影響は表面上、受け難くなるはずです。


 


たとえば、こんな事もあります。





現代の風景に合わさるようにして、

300年ほど前に左足を日本刀で切られ

死んでいった霊体が存在していた場所を

たまたま歩いている時、

 

 

 

相性度が高く、

転んでもいないのに、

 

何でも無いのに、

『(左足が)痛い!』

となってしまったとします。



この場合、

記憶の存在としての霊体になっていた「存在」が

 

あなたに取り憑く事があります。

 



要は、助けを乞うことができる相手だと…

苦しみ痛がっている自分に、

気づいてくれる生きている人間だと

思われてしまった可能性があります。



このシステムの細かな理由については

人の人生、考え方の数ほど多く、

パターン化する事は不可能です。



本当に偶然、合ったのです。

この場合、一生、あなたの左足は冷え、

霊症 にあい続けることでしょう。

 

※霊症とは、このブログで何度も解説済みです。

改めて簡単にお伝えするならば、

人は亡くなり肉体を失うと霊体となります。

この霊体は、ある種の放射性物質である冷気を放っています。

この冷気により人の身体は冷やされ、

血流はリンパの流れが悪くなり、

原因不明のめまいや肩こり、

 

頭痛に悩まされることになる。

特に左半身に強く影響を及ぼすのが

 

霊症(れいしょう)です。

守護霊は存在していないという事にも

 

繋がる話ですね。

 


見えない世界の真実 新初級編 ④に続く

 

シックスセンス管理人

見えない世界の真実が此処に®さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります