守護霊? | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:



守護霊とは、力ある霊能力者が知っている通り存在していません。

一部の霊能者が、守護霊が存在していると広めているようですが…

守護霊が存在している確立は、

限りなくゼロです。

99.9999%存在していません。


霊体が本当に見えている者にとっては、いえ、はっきりと見えなくても、薄っすらとでも見えている者にとっては、霊体が冷気を発しているというのは極当たり前のことです。

 

霊体の形や姿、大きさは様々ですが、霊体は水分質であり、電気質です。

 

薄い湯気があがっているように見える。

 

それが、私達が言うところの

『ある種の放射性物質である冷気』です。

人間は死ぬと、冷たいある種の放射性物質を発しています。

見えない者達に恐怖を感じる時に、空気がひやりと感じるように、そして、寒気を覚えるように、浄化していない霊体は冷たく感じられます。

この冷気は、人間の身体に悪影響を及ぼしているのですが、それが霊症と言われているもので、肉体的なものです。

※霊障とは別だと定義しています。

ただ、守護霊は、確かに存在しているかもしているかもしれませんが、霊体が冷気を取り去りきるまでに、つまり浄化するまでに、

 

普通では数百年の時を必要とします。

※霊能力者が言う『浄化』とは、この冷気を霊体から取り去る事です。


それほどの時が経った時に、自分の孫の孫の孫の存在がわかるでしょうか。

また、その間に輪廻転生してしまう霊体がほとんどです。


想像してみてください。



あなたが孫の立場で、曾、曾爺さんのことを思うことはありますか。

当然無いはずです。

 

曾、曾爺さんも同じです。


また、たとえば、あなたが死んだとします。

見ず知らずの人間を守ってあげようと思うでしょうか。

 

まず思わないでしょう。

身内、親族、愛する人を守りたいと思うのが人間の気持ちです。

※「歴史上の有名な人物が守ってくれています」など有りえません。常識的に分かるはずです。


また、例えば、偶然、絶世の美女があなたの前にいたとします。

 

この子に憑いて守ってあげようと思ったとします。

 

しかし、あなたはその美女からは見えない。

 

さらに、その絶世の美女に

彼氏が出来たとします。

 

あなたはどう思いますか?

 

あの世は自由なのです。

きっと邪魔をするはずです。

2人の関係を引き裂くはずです。


死んだ人間は、霊体になりますが、霊体は、助けてください!と言っているのです。


多少霊能力があれば、霊体を見ることは出来ても、とり憑いている霊体が言っている事まではわからないのでしょう。




シックスセンス管理人


 

見えない世界の真実が此処に®さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります