意識療術 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

「意識療術」とはどんなものですか?
という質問を受けることがあります。


意識療術の説明をするには、
まず気功と気質についての説明をしなければなりません。

 

 

気功というものは実際に存在しているし、
日本でも数多くの方が使っていらっしゃいます。

 

 

この気功については、過去何度も書いて来ております。

 

外気功についての過去記事 → 外気功
内気功についての過去記事 → 内気功

 


 

もう一度簡単に説明しますと・・

 

いわゆる外気功・・・人を飛ばしたり、金縛りの状態にしたりすること
いわゆる内気功・・・人の自然治癒力を高めたりすること


 

いずれの気功にも、守らなければいけない、
いや知っておかなければいけないルールが存在しています。

 

気功もまた、霊界を通して行なう力、つまり霊能力の一種です。

 

 

よく気功を使って人を施術する方がいらっしゃいますが、
その場合には必ずその人の気質に合わせなければなりません。

 

まず基本として知っておかねばならないのは、
人の気質には数万、数百万以上の種類があるという事です。

 

色、形、流系、早さ、形状・・・

 

そこら辺を歩いている人を見ているだけでも、全部違います。

 

そこに違った気質を入れてしまうと、大変なことが起こってしまいます。

 

気の流れが悪い人の場合、短期的には、気が流れはじめ良い方向に向かうとしても、
その気質が違う為に、気質が乱れ、逆に悪い方向になってしまうのです。

 

 

また、人により癒しの気質というのは違います。

 

海が好きな人もいれば、山が好きな人もおり、夜空がすきな人もいるわけです。

 

オレンジ色を見ると癒される人もいれば、ブルーに癒される人もいるわけです。

 

なぜ、その色、その場所が好きなのかというと、自分の気質と近いからなのです。

 

このように考えていただくと、まず色だけでも人により違うという事がご理解頂けるはずです。

 

要は、人を良い方向に進める為の気功というのは、
相手の気質を見極め、その気質に合わせて行なうという事が必要不可欠なのです。

 

たとえば、A型の血液型の人間に、B型の血液を入れた場合どうなるのか。

 

容易に想像できると思います。

同じことが、気でも言えます。


 

たとえば、放射状の気質でブルーに近い薄緑の気質の人間に、
霧状の気質で赤い色の気を入れれば、入れられた方は、少し時間をかけて悪くなっていきます。

身体は揉み解されたり、また確かに生命の源である「気」を入れられたのですから、
短期的には良いかもしれません。

 

しかし、違った気質のため、より悪化する事がほとんどです。

たまたま、近い気質のお客さんであれば、かなり良い方向に進むこともあるでしょう。

ただ、それは全員に対してではなく、非常に怖いものです。

 

さらに、お客さんに対して 
「良くなれ~良くなれ~良くなれ~」など、気持ちを込めながらやれば、
念までも相手の身体に入れる事になり・・・この場合、大変なことになりますよね。

 


 

では逆に、相手の気質にピッタリ合った気を送りながら、
なおかつ念を込めないで施術をした場合はどうなるでしょう。

 

相手の気質と同じ気によって治癒力を高めるのですから、
短期的に見ても、長期的に見ても、その相手は快方に向かって行くでしょう。

 

また、そこまで相手の気質を見極めて、同じ気質の気を出すことができれば、
特別強く揉んだりしなくても、軽く揉むだけで相手の体は解れていきます。

 

そこに整体やリンパマッサージなどの全ての施術法の効果的な部分を集約して
組み込めば、受ける相手はさらなる満足感を得る事ができるでしょう。

 

要は、短期的にも、長期的にも、見えない部分的にも、相手を満足させる事ができるのです。



 

これが意識療術です。

 

相手の体の気の調整を行い、ピッタリの気質の気を送りながら施術する。

 

これもまた見えない世界のルールを理解し、
なおかつ相手の気質を見極める力を持つからこそできる技術なのです。

 

念見

 

↓をクリックして頂ければ管理人は喜びますヾ(@°▽°@)ノ

見えない世界の真実が此処に-ranking

見えない世界の真実が此処に®さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります