生きている人間に取り憑かれるのか? | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。

以下、ご質問内容からの記事になります。

 

ご質問内容

「生きてる人間にとりつかれる現象といいますか、そのような解説も記事でお願い致します。」

 

(略)人混みで同じ場所を歩いているのに連れより多く知らない人と目が合う、よく話しかけられる現象で疲労困憊の日々です。念症という言葉があったような、霊は見えないですが人間に関して弱いです。変な人につかまりやすいのは私が変な人だからでしょうか?

職場でも何処でも問題やトラブルを抱えてる人や疲れてる人やストレスを抱えてる人にばかりにつかまります。

 

(略)自己犠牲と引き替えに他人を助けると代償が発生するという事でしょうか?他人を助けることは時に控えないといけないのでしょうか?

 

 

こんにちは。シックスセンス管理人です。

ご質問内容を記事に・・・という事ですので、記事と致します。

 

このような状態の方は実は多いと思います。見える方の、つまり一般的なアドバイスも必要ですし、見えない世界からの解説も必要でしょう。

 

※注)この記事は非常に長くなるかと思いますので、携帯から閲覧している方は大変だと思います。ご興味があれば、PCからの閲覧をお勧め致します。


 

まず、すれ違う人と良く目が合うとお考えなのは、一概には言えない部分が確かにありますが、勘違いだと思います。人 と目が合う事が悪いとは、思えないからです。ポジティブシンキングなのかそうでないのか、という事からすれば、ネガティブな発想を持っていれば、人と目が合うことが悪い状況を呼び込むこととなるのかもしれません。

 

その状態が実は家系の因縁などから起こる事なのですが―――。

 

また、トラウマがあり、他人と目が合ってしまえば自らを苦しめる事になると考えているので、余計に他人と目が合ってしまうのですが・・・。

 

要は、「他人と目があえば悪い事が起こる」と思わせている見えない世界の存在がいるのです。

そして、実際に悪い事が起こってしまうかもしれないし、仮にお箸を落としてしまっても、「ああ、悪い事が起こってしまった」と思う。

 

つまり、ネガティブな考えからネガティブな発想が起こり、状態はさらに悪くなっていく―――と思わせている見えない世界の存在がいるのです。

 

ポジティブな観点からすると、他人とよく目が合うという事は、「私は可愛い」や「私は人に注目されるんだ!」などと思う事も出来るでしょうし、一般的な社会人的観点からすると、他人を気遣う事が出来るという長所であると言えます。

 

要は、他人の心の変化を敏感にとらえ、気を利かせて応対したり、励ましたりする事が出来るという長所なのです。

 

見えない世界の観点から言えば、他人と良く目が合うというのは、その場面や状況が初めてではないからです。

 

え?と思われるのは当然でしょう。

 

その場面やその時間が初めてではないのです。

と、お伝えしても理解できないかもしれませんが、現在、未来、過去は同時進行しており、ある特定の能力をお持ちの方であれば、デジャブと言われるような事が毎日、ずっと起こっているのです。

 

それが、デジャブであるとも思わないほど、毎日が一度経験した事のあるような状況だとも思わないのです。

 

経験した状況や場面であるから、他人と良く目があい、次に何が起こるのかが分かってしまう。そして、そのまま予期した通り自らが苦労してしまうような状況になっていく――――ような事ももちろんあります。

 

次に、生きている人間にとり憑かれる?という表現が正しいかどうかは分かりませんが、もちろん、生霊にはとり憑かれ る事はあります。が―――今回のご相談は、生霊というよりも、どちらかというと、霊媒体質という体質をより理解して頂いた方が解決の糸口になるかと思うの です。

 

霊媒体質とは何か?というのはもう何度も掲載してきておりますし、当優愛シックスセンスのサイト6-sense.jpでも詳しく掲載しておりますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

 

しかし、改めて霊媒体質とは何かと少しお伝えするならば、たとえば、近くにいる人が、「イライラしている」ならば、自分もイライラしてしまうという事です。

自分が「人と目が合うのが嫌だと思っていれば」、相手も「人と目が合うのが嫌だ」という感覚になります。

 

私はこの人が嫌い。話しかけたくない!と思っていれば、当然相手もそのような状況になるのです。

 

この人の愚痴なんて聞きたくないと思っていれば、相手もこの人の愚痴なんて聞きたくないと思うものなのです。

見えない世界の真実を語り、一般的な霊媒体質の特徴を語るならばこのような事なのです。

 

が、今回のご相談者の方は、逆に作用しているのですが・・・。なぜか?

 

他人に奉仕したり、他人を助けたり、他人の愚痴を聞いてあげたりしたいと考えているとかいないとかではなく、要は、それを望んでいないご相談者の方にあえて、そのような状況を強要している「何か」がいるとは思いませんか?

 

そうです。家系が抱えている因縁やカルマですし、おそらくそのような状況に落としいれようとしている何かがいるのです。

 

見える世界の観点と見えない世界の観点両方からアドバイスするとするならば、

「他人と目が合うことをプラスに考え、そして、それを自分の長所だと捉えるように努力する事。そして他人につかまる事を自分自身の成長に繋がるのだ。という風にプラスに考えていくように変えるのです。

そうすれば、大きく何かが変化していくのではないでしょうか。」

 

生きている人間にとり憑かれる事はありません。※生霊は除外。もちろんストーカーも別です。

 

物事の、他人の味方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

 

シックスセンス管理人

 

↓をクリックして頂ければ管理人は喜びますヾ(@°▽°@)ノ

見えない世界の真実が此処に-ranking 

見えない世界の真実が此処に®さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります