なぜ頭が痛くなったりするのか・・・ | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。

お経をあげると

お経を聞くと・・・

 

頭が割れそうに痛くなる。

 

なぜなのか。

 

このブログやHPでは何度か解説してきましたが

 

あなたは、唱えごとに、死んだ人を供養する力があると思いますか。

 

仮に唱えごとに力があるとするならば、なぜ成仏していない浮かばれない霊体が多いのでしょうか。

 

仮に唱えごとに力があると思っているならば、あなたが今生を終えた時、つまり肉体を失い死んだ時、あなたはお経をあげている場所を、お経を捜し求めることでしょう。

 

ただ亡くなったあなたはすぐに自分が死んだことには気づきません。

 

私が知りうる限り、病院で死んだ人はほとんど死んだと気づかずに、病室や病院の廊下をさまよっていますし、眠ったまま死んだ人はずっと、そのベッドで眠っていることもあります。

 

仮に、偶然にも、息子や娘が亡骸を葬祭場まで運ぶ為にやってきたのに気づいたとしましょう。

 

※これは仮説でしかなく、真実を語るならば、死ぬとどこかに飛ばされるかことがあります。いきなり北極に飛ばされる人もおり、また当然異国に飛ばされることすらあります。ここでは仮に病室に残ったとしています。


 

あなたは、「俺はここだ~!私はここです!」と叫ぼうとしても、肉体を失った今、声の発し方が分からない。周りを見渡せば、幽霊だらけ・・・助けてくれ~と息子や娘にすがることになるでしょう。


 

葬祭場までついていったあなたは息子や娘の周りをうろうろと回るけれども全く気づいてくれない・・・

 

・・・

 

そうだ!お坊さんが来てくれる!

お坊さんがお経をあげてくれる!

お経には力があるはずだ!

 

しかし、悲しきかな・・・何も変わらないし、お坊さんの周りには数十体の幽霊がいるではないですか!?みんな、頭に顔に服にしがみつき、助けを求めているよう・・・中にはお坊さんの隣でお経をあげている霊体すらいる・・・。そうすれば成仏されると考えているのかもしれません。

 

初七日が終わりお坊さんは言います。「これで、供養されたはずです・・・」「供養は終わりました・・・」


 

しかし、あなたは供養など全くされることなく、行くべき場所に行くこともできず・・・

お仏壇にいくのか・・・お墓にいくのか・・・

本当の意味で成仏する力を持つ者に出会うのか、もしくは輪廻転生の時を迎えるまで、さまようことになるのです。

 

これが真実なのです。


 

また

 

死んだ事に気づかない、そして病院の中をさまよっている霊体は、

 

「助けてくれー!助けてー!」と思っていても声が出せない、そわそわした霊体がほとんど。

 

数年するとやっと肉体が無い状態での声の発し方を学ぶのですが、

 

その時には、自分の身体は無く・・・

 

お経に力があるのではと、少しでも知識がある霊体は、お経を捜し求める・・・

 

神社や寺を捜し求める・・・

 

しかし、どうすることもできない。

 

そんな時、自分の存在には今まで誰も反応してくれなかったのに、

 

一人の女性が 「私の声に、思いに、気づいた?」

 

ふっと、後ろを向いてくれた。

 

カサカサカサ!と、バンッ!と壁をこすると、叩くと、反応してくれた!

 

もしかしたら

 

もしかしたら

 

この人だったら、助けてくれるかもしれない!!

 

この人の近くにいよう・・・

この人に憑いてみよう・・・

 

ある時、とても美味しそうなケーキを食べているその女性を見ていると・・・

どうしても、私も食べたくなる!

 

「そうだ!この人の身体の中に入り込んで・・・」


 

今日は、急にケーキが食べたい

今日は、急にシュウマイが、どうしても食べたい!

 

そんな時がある人もいるかもしれませんが・・・

 

それが憑依現象であり、その霊体の心であるのです。


 

時が経つと、その女性は金縛りにあい始めてしまう。


 

その女性は、ある時から・・・これは何かがおかしい!と感じはじめるかもしれません。

 

私もかつてそうでしたが、見えない世界に恐怖を感じはじめるのです。


 

そうだ!お経には力があるかもしれない・・・。

 

近くの神社からお守りを買ってきて、また経典も手に入れ

お経をあげ始める。


 

お経をあげ始めると、なぜか症状が酷くなってくる。

 

それはそうでしょう。お経をあげると、助けを求める霊体が余計に集まってくるから。

 

その女性は見えない世界に反応してしまう為に、いろいろな霊体に気に入られ、魅入られ、憑かれる。

 

お経をあげる度に、頭痛がし、お経を聞くたびに頭痛がする・・・

 

身体は、霊体が発する冷気の為に冷え切ってしまう。

 

冷え切ってしまうから、身体の調子が悪くなってしまう。

 

さらに助けを求め・・・石に助けを求めてしまう。

 

しかし、それがまた魔を念を霊体を呼び集めてしまう・・・・。

 

抜け出すことの出来ない状態。


 

唱えごとや石に力があると吹聴する力なき知識無き霊能者の為に、見えない世界のバランスは壊れ、また間違った方向に進み始めてしまっているのです。


 

簡単な質問のようでお答えするのに非常に時間がかかるのですが、今回は、今までよりも詳しく返答させていただくことにしました。


 

シックスセンス管理人

 

↓をクリックして頂ければ管理人は喜びますヾ(@°▽°@)ノ

見えない世界の真実が此処に-ranking 

見えない世界の真実が此処に®さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります