自意識過剰と霊媒体質の関係性 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:

なぜ、周りが気になって仕方がないのか。

 

なぜ、音に反応してしまうのか。

 

なぜ、相手の反応が気になってしまうのか。

 

なぜ、・・・何かが気になってしまうのか。


 

一般的には、このような状態を自意識過剰と言われていますよね。

 

私自身もそうでしたが、このような症状は思春期の頃に多くみられるものではないでしょうか。


 

原因は、自己の不確立であるとも言われていますが・・・。


 

さて、大人になってもこのような症状に悩み苦しむ方がいます。

 

今回は、見える世界からではなく、このブログのタイトル通り、見えない世界の観点からお伝えしたいと思います。

 

まずは、霊媒体質について理解して頂く必要があります。

 

霊媒体質の方の特徴

霊媒体質の方の特徴2

霊媒体質の方の特徴4

霊媒体質の方の特徴まとめ

 

さて、霊媒体質の方は、さまざまな見えない世界の影響を感じ取り、受け取り、反応してしまうという特徴を持っています。

 

なぜ、そうなのか?

 

では、なく、そのような体質だから、そうなのです。

 

甲殻アレルギーの人に、

 

「なぜ、食べられないの?」と聞いても

 

いや・・・アレルギーだから・・・としか答えようがありません。

 

霊媒体質の方も同じです。


 

しかし、このような体質の方がいることは、科学では、日本ではまだ解明されていません。


 

さて、自意識過剰の場合、いろいろな出来事に反応してしまいます。

 

たとえば、音。 音の中でも、声やラップ音や何かの音があります。

 

ほかには、光。 光といっても、携帯電話の光であったり、めがねのフレームに写る光であったり、さらには、何かに反射している光であったりと、さまざまです。

 

さらに、色があります。

 

色と言っても、それはいろんな色があり、赤系統や、紫系統や・・・いろいろでしょう。


 

音、光、色だけではありません。


 

霊媒体質の方は、その霊感の種類によって、時には相手の心に反応してしまう事もあります。

 

相手の考えている事がなんとなく分かり

 

自分に対して敵対心や、嫌悪感を抱いている人と話をすると

 

どうも、具合が悪くなる・・・。

 

頭が重くなり、思考回路が働かなく、マイナスの事ばかりを考えてしまう。


 

これも、霊媒体質の方の特徴であるし、ある意味、自意識過剰な状態となっているといってもいいでしょう。


 

さて、本題です。

 

見えない世界の観点から、どのようにして、この現状を克服するのか。

 

克服するに辺り、何が原因の反応であるのかを探る必要があります。


 

まず一番考えられるのは、念(念玉)の影響です。

 

念というものは、ある感情に起因するものですが、たとえば、「寂しい」という念が分かりやすいでしょう。

 

もう何度か書いてきている内容ではありますが、

 

「寂しい」という思いは、「寂しい」という念玉を作り出します。

 

この念玉は、普通では消えません。

 

ある部屋で、この寂しいという想いの時間を長く過ごすと、当然そこには、「寂しい」念玉が多く置かれる事になるのです。

 

霊媒体質の方は、たとえそれが自ら作った念玉であっても、その念玉の影響を受け、

 

なぜか・・・。寂しくなるのです。

 

なぜなら、見えない世界の存在(念玉)を感じ取り、受け取ってしまう人が霊媒体質だからですね。


 

たとえば、怒りの念玉が落ちていれば、ふっと・・・いきなり怒りの感情が沸いてくるものです。

 

たとえば、イライラの念玉が落ちていれば、ふっと・・・いきなりイライラしてくるのものなのです。

 

この、「念玉」の影響がまずは考えられます。

 

このような場合、どうすれば、良いのか?

 

どう考えられれば、克服できるのか。


 

見える世界の観点では、アドバイスし尽くされているように、

 

自己を持つ事です。

 

自分という存在を、自分で確立することです。

 

しかし、霊媒体質の方の場合、なかなか難しいのが現状です。

 

うつ病の薬などで頭が朦朧としている状態でも、難しくなるでしょう。

 

自己を、アイデンティティを持つ事が難しい場合は・・・。

 

その部屋から、逃げ出す事かもしれませんね。

 

念玉の無い場所に移動する。

 

そして、マイナスの考えを、考えようとする事を自ら抑制し、プラスに変えようと努力する・・・。

 

なかなか難しい事ですが、見える世界と、見えない世界の観点から・・・はこれにつきるかと思います。


 

さて、自意識過剰の原因として二つ目に考えられる事は・・・。

 

やはり、因縁です。

 

因縁とは、非常に簡単すぎる表現でありますが

 

たとえば、それが、あなたをマイナス思考に引きづり込もうとしている霊体であるとします。

 

どのような仕業をやってくるのかと言えば、簡単です。

 

「悩め~悩め~、苦しめ~苦しめ~、周りはお前を悪く思っている~周りはお前を悪く思っている~」

 

ただ単に、それらの※怨念を送り込んでくるだけです。

 

※怨念とは、死人が放つ念のことです。

 

霊媒体質の方の場合、この見えない世界からの「ふきこみ」(怨念)を受けてしまいやすい。

 

受けてしまいやすいから、本当はそんな事など思いたくも無い。

 

考えたくも無い。もっと元気になりたい。


 

そんな風に思っていたとしても・・・

 

苦しんでしまうのです。


 

このブログをあまりお読みになっていない方には、不思議でたまらない、また受け入れられない事かもしれません。


 

しかし、これもまた見えない世界の真実なのです。

 

さて、どのようにして、この怨念を振り払えば良いのか。

 

一般的に言われている除霊やお祓いでは無意味です。

 

たとえ一時的に追い払ったとしても、また戻ってきます。

 

もしすぐには戻らなかったとしても、いつかは必ず戻ってきます。


 

どうすれば、良いのか。

 

非常に簡単な表現で申し訳ないのですが・・・

 

「反応しないことです」

 

「気にしないことです」


 

もちろん、それら因縁が無い状態の時に、自我を確立しておくことも必要でしょう。

 

たとえ、頭の中にいろいろな考えが浮かんできたとしても、

 

「ああ、これは、きっと見えない世界からの影響だ・・・。」

 

「気にしなければ大丈夫!」

 

「やつらは、反応する人にこびりつくって、シックスセンスさんも言っていたしね(笑)」

 

このように、考えられれば・・・

 

そして、何が見えても、何か聞こえても、どんな光を見ても

 

それらに振り回されないように動いてみせれば

 

影響は楽になる可能性が、1%以上あります。


 

がんばってください。

 

シックスセンス管理人

 

↓をクリックして頂ければ管理人は喜びますヾ(@°▽°@)ノ

見えない世界の真実が此処に-ranking

見えない世界の真実が此処に®さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります