前世宅急便(10周年記念特別価格)件数限定 | 見えない世界の真実が此処に®

見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:
前世宅急便

人を殺せば殺人犯。
物を盗めば窃盗犯。
これ、もちろん今の日本では当たり前です。しかし、ところが変われば、法律も常識も変わる為、自爆テロをやれば英雄で、家族を食べさせる為に物を盗まなければ生きていけない土地もある。あなたも私もそんな土地や状況で産まれたならば同じようにすることでしょう。それも生きる為です。
そういえば去年、お隣の国、中国のとある地域に仕事に行った時、腕と足が無い人が路上におり、目の前にカンが置いてありました。通行人は通りすがりにそのカンに投げ銭をしていました。日本であればしゃがみがちにそのカンにお金を入れるのでしょう。しかし、文化が違えばまさしく投げ銭で、雑踏のなかでもカンという音が聴こえてきそうな感じ。通訳の人はあれは商売ですよと耳打ちし教えてくれました。えええ、そうなのだ!?と思い、もう一度その男性に目をやると驚いた事にもうそこに居ないのです。ほんの数分前まで居たのに!?中国は人口が多く常に人混みの中を歩いているような感覚ではありますが、たしかにさっきまで居た男性はおらず、今度は腕は無いが足は有る、赤いジャンパーを着た男性がいたのです。それを通訳の人に伝えると、時間で場所替えしているらしいと。場所を見間違えたのではないかともう一回、振り向き探し見て回ると、3、4人の子供がさっきの手足の無い男性を車の中に抱えこみ入れているのがチラッと見えたのです。後で聞いた話ですが、この商売の為に自ら自分の腕を切る人もいるそうです。海外に行った事のある方ならお分かりでしょう。ところ変われば常識は変わるのです。何が善で悪なのか。それは人が作り上げた観念なのかもしれません。

ただ変わらないモノがあります。
それは霊魂に刻まれた記憶の存在であり人は輪廻転生する際、記憶の1%を来世に持ち込む事ができるのですが、その中に流れる何かです。

ずっと人の健康に関わる仕事をしていたり、ずっと友情を大事にしてきたり、またその逆もあるでしょう。いずれにしても、過去世が関係している事でしょう。しかし、正確には前世だけを見てもそれは把握できない。前世、前前世、さらに3世代、4世代、5世代・・・と深くみていく事が必要なのは確かです。


一応、お伝えしておきますが、初めて前世宅急便を開始した際、夜に告知して翌朝には80件ほどの申し込みがあり、夕方には120件を超えておりました。その際は、通常の前世宅急便よりも短い文章で安価でした。今回の人数限定の前世宅急便は通常の半額で受け付けますが、大事な情報はなるべく入れるようにし情報量は半分でやりたいと思います。あんまり多くの申込みがあると、かなりお待ち頂く事にもなるかもしれませんのであらかじめご了承ください。インターネットからの申し込みのみ受け付けします。また、順番は厳守しますので、会員さんであっても早まる事はありません。ご了承ください。

後半年ほどで、桃木会員の開設から間もなく丸10年。前世宅急便というサービス設を開始してからも10年になります。件数限定で「半額」「半分の情報量」にて前世宅急便をやりたいと思います。

※申込みを受付終了しました。

前世鑑定


↓ガラ携帯


前前世鑑定




ガラ携帯↓




3世代前の前世




ガラ携帯↓

見えない世界の真実が此処に®さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります