安かろう悪かろう

テーマ:

なますて。

 

ナゾナゾづくり 絶賛運休中のたまらんちでございます

 

いきなりですが

雑談しまっす

 

 

ちょうど一週間前のお話~

 

夕方にPCを立ち上げましたら

 

パン

 

という音とともに機械に火花が走りまして

(ホコリに着火したのですね)

PCは

命を終えてしまいました

 

(今は 冷却機の音がうるさくなったため

3~4年ほど静かな隠居生活を送っていた先代機に

しばし 現役復帰していただいて

この文章を書いております)

 

さらに

それから5日後 つまり おとついのお話でございます

 

こういうことは続くものですね

今度はインターネット交換機くんが

私のご隠居PCをネット世界にお取り次ぎしてくれなくなってしまいまして

 

その理由というのが あの超絶怪しい

かの700MHz利用推進協会の件 つながりだったのです

 

みなさんのおうちにも来ましたよね

例のくっきり怪しい調査員の方々

 

そのときは そのきっぱり怪しい調査員さん曰く

 

お宅のアンテナは問題ありませんでした

 

とのことだったのですが

問題はアンテナじゃなかったのです、、、

 

700MHz協会さんの謎教義は

Jcomさんがわたくしの家に設置した 交換機くんの正気を

じわじわと狂気へと変えておりました

 

そして

その日は訪れ・・・

 

 

ぜんぶ、言っちゃうことなく業務を放棄してしまった交換機くん

 

普段は回線が途切れてしまっても

交換機の電源を入れなおすことで復帰していました

 

けれどもその日はどうしても復帰せず

 

1日 時間をおいて様子をみることにしました

 

その翌日も状況は変わらず プロバイダさんに連絡を試みます

PCがダメでもスマっホが使える21世紀に感謝☆

 

ピッ ポッ パッ (なんか古っ)

Jcomさん Jcomさん っと

ふむー ITさんは どうしても既読スルーのできるメール連絡を好むよねー

 

ふふ~ん♪

検索で調べてしまえば電話の問い合わせ先だって ちゃんと判明するのだ!

 

ところが

Jcomさんのテレフォンお問い合わせ音声案内も また

正気を失っていたのです

 

まぁ きょうびの大企業の電話オペレータさんは

通信販売以外 すぐには出てくれませんね

 

音声案内に従って 用件の番号を押します

 

「音声ガイダンスにしたがって 操作してください

故障のお問い合わせは 1を ・・・」

 

はい 故障の問い合わせなので 1 っと。

 

「続きまして新規○○のお申し込みは 1を

       新規△△のお申し込みは 2を

          □□のお申し込みは 3を

          ▽▽のお申し込みは 4を

          ◇◇のお申し込みは 5を

それぞれ お押しください」

 

あれ? 押し間違えたかな?

一度通話を終了して かけなおします

 

はいはい 故障の問い合わせなので 1 ですよ~

 

「続きまして新規○○のお申し込みは 1を

       新規△△のお申し込みは 2を

          □□のお申し込みは 3を

          ▽▽のお申し込みは 4を

          ◇◇のお申し込みは 5を

それぞれ お押しください」

 

いやはや

そういうつまらないRPGはやめていただきたいものです

 

そちらがそういう手を使うなら

こちらは こうですよ

 

1! 1! 1! 1! 1!

 

「新規 ○○のオペレーターにおつなぎいたします」

 

「はい Jcom ○○お申し込み担当の ××です」

 

「 故 障 のオペレータさんに つなぎなおしてください」

 

「はい 少々お待ちください」

 

むむ やはり 対応が慣れている

この不具合 わかってて放置してるな・・・

 

安~いクラシックの電子音と

「申し訳ありません 担当が空くまで もう少々お待ちください」

を交互に 計15分ほど聞かされたあと

やっと 目的の問い合わせをすることができました

 

「確かに お客様のモトローラの交換機は うまく送受信できていないようで・・・」

「お客様の都合のよい日にちと時刻を・・・」

「もしも お客様の過失による機械の故障の場合 3000円を・・・」

 

かくして 技術担当の業者さんと都合を合わせ

故障の原因を見てもらうことになりました

 

業者さんはその翌日に 来てくれました

 

「このモトローラ製の交換機は

携帯電話の周波数の変更に伴って

いちど通信が途切れると もう2度とあらたに接続できないようになってしまったんですよ~」

 

調べるも何も

Jcomさんは 最初から不具合の原因がわかっていたのです

業者さんは 慣れた感じで 交換機を新しいものと交換して

復旧を確かめて 次の派遣先へと向かっていきました

 

 

 

まぁ

これが 最近数日 わたくしの身におきたことを

ザツに 慣れないブログ形式でかいつまんだものでございます

 

これって 本来 Jcomさんがもっと啓発しなきゃいけない

リコールに近い騒動だと思うのですがね

 

月々の通信費 1社だけ飛びぬけて安いのには

それなりの意味があるのですね