Mr.釣りどれんの〝Real Bassing Story〟

ルアーの力でバスを釣る


テーマ:
この前の釣行では雨天にも関わらず珍しくジンクスミニを使いませんでした。

{72312929-FF78-42E6-8DFE-54FCB081F54F}

というのも、大体雨天の時のファーストチョイスはジンクスミニの1/4ozになるからです
(先日は風が吹いてたので透け風呂にしたワケですが)


スピナーベイトにおいて1/4ozというウェイトはかなりマイナーなウェイトだと思います。
普通スピナーベイトと言ったら3/8か1/2で、1/4を使うシチュエーションはほとんど無いというか、必要性自体感じない人がほとんどかもしれません。そのせいか、製品ラインナップ自体に最初から1/4を加えてないスピナーベイトも多く存在します。

スピナーベイト自体フィネス的に使うルアーではないし、ただでさえ飛びにくいルアーなので1/4を使うとなるとさらに飛距離が伸びず使い勝手も悪い。
事実、自分も過去スピナーベイトに関してはほとんどが3/8か1/2で、1/4を使うことはほとんどありませんでした。


しかしジンクスミニに出会ってからは1/4というウェイトは積極的に導入しています。

どういうシチュで使うかというと、雨天無風の条件下で使います。雨が降って水面下まで浮いてきたバスを釣るために使う。
水面下といってもガーグリングしたり引き波立てて泳がせるというようなものではなく、あくまで水面下をスローに引くのです。

ジンクスミニは特殊極薄ブレードのおかげでブレードの水を掴む能力が高いため、ほかのスピナーベイトに比べてよりスローに引けるし、長い距離引いた時のレンジキープ能力にも優れてます。
この特性と沈みにくい1/4というウェイトを利用して積極的にやるようになったのが水面下スローリトリーブ。
水面下をスローに引くというとタンデムコロラドやダブルコロラドといったコロラド系ブレードを搭載したスピナーベイトでも出来るのは出来るのですが、いかんせんコロラド系は波動と振動が強すぎてプレッシャーの高い場所やクリアなフィールドでは思うようにバイトを得られない。



あくまでスローに、そしてナチュラルに。



ジンクスミニ1/4は他のウィローリーフ系では不可能なスピードレンジで水面下をゆっくり引いてこれます。これが雨天無風というコンディション下でかなり有効なメソッドとなることに気がつきました。

雨天というと魚の活性をあげる要素になるのは間違いないのですが、それと同時に風が止んでしまうことが多いです。それに伴って雨天時のハードベイティングって微妙に自分にとっては難しいモンでした。ソフトルアーとかスイムベイト系なら釣るのが簡単になるんですが。
「ハードルアーで釣る」ってなると風のない雨天より風のある晴天の方が正直釣りやすい。狙い所も定まるし。

ジンクスミニ1/4はそんな難儀な雨天無風時のハードベイティングに一つの答えを出してくれたルアーでした。


ただしこの釣り方はクリアなとこじゃないとダメというか、マッディなとこだとあまり意味がない気がします。
なぜかというとクリアな水域だとバスがルアーを見つけやすいから。この釣りはわざと見つけさせて食わせる、追っかけさせて食わせるようなイメージ。

「ルアーが見やすい」という点はバスにやる気がない時だと見切られるためのマイナス要素になりがちですが、一旦バスが高活性に転じて向こうがやる気になればそれは「ルアーを見つけやすい」というプラス要素に転じる。
バスのやる気次第でプラスにもマイナスにもなる表裏一体の性質を持つのがクリアーな水質の特徴だと思います。


また、この釣りは11月から12月くらいの寒い時期に、雨など降って一時的に水温が上がった時にも有効になることがあります。寒い季節でも一時的に水温が上がると水面付近まで浮いてきてボーッとしてることがあるので、水面下をスロー引きできるジンクスミニ1/4が有効になることがあります。
今江プロはこういうバスをアベンタで釣っちゃうみたいですが。


あとこれはジンクスミニ全てに言えることかもしれませんが、これまで使ってきて思うのはリリーパッドやウィードなどの水生植物との相性が非常にいいルアーだと思います。
ブレードが重いとブレードが水生植物の干渉を受けてからまた回転し始めるまでに、一定のタイムラグというかかったるさが生じます。それに対してブレードが軽く立ち上がりの良いジンクスミニは水生植物の干渉を受けても、ブレードの回転が復活するまでに要する時間が短い。

このおかげでウィードやリリパに絡めて使った時に非常にルアーの抜けが良い。
他のスピナーベイトに比べて比較的ストレスフリーで使うことができます。


あとなんか知らんけど単純にこういうとこで使うとやたら釣れる(笑)
普通スピナーベイトやと水が濁ったとこの方が釣りやすいですが、ジンクスミニに限って言えば濁ったとこよりウィードやリリパが生い茂るような綺麗な池や湖の方が釣れますわ。あるいはオーバーハングやレイダウンが豊富にあるような山型自然池。街中の濁った皿池でも釣れますが、上記のようなフィールドの方がより効果的ですね。
僕の地域ではあまりそういった釣り場はありませんが、そういう釣り場が多くある地域だと非常に高い効果を発揮してくれると思います。


ジンクスミニは1/4、3/8、1/2と全てのウエイトで50up釣ってますし、どのウエイトも無駄になることなく適材適所で効果を発揮してくれるので、そういった点も僕が愛用する理由の一つですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は激久々に釣りに行きました。
雨天風ありという絶好のコンディション。


久々にカッパ引っ張り出したら破れててワロタ。


もうこれでええわ



例によって山間部のクリア池。
雨が降ればとりあえずクリアな池に行きます。晴れの日はやはり向こうからの視認性が良いので釣りづらいですが、雨が降れば普段釣れてない分釣りやすいし。

{90794213-F62E-4D42-8708-8F3B85ECFCF0}


ファーストチョイスはイールクローラー7インチ

{60A47211-22FD-4811-A4A6-8F4898A26DF2}

自分はイールクローラー7インチはストレートワームの名作だと思う。

ハリ、弾力、太さ、質感、重さ、塩加減。

全てのバランスが素晴らしい。

ただ、素材と重さのせいか異様に壊れやすいのが難点。ワッキーチューブしてても、それでもかなり壊れます。ワッキーチューブしてなかったら多分一日でワンパックなくなると思う。

イールクローラーは様々なサイズがありますが、ウナジュウとは別にフィネス的に使うには7インチの太さが一番良いと思う。
4とか5もありますが、あれはちょっと細すぎるねんよなぁ。7の太さで4とか3とか作って欲しいところです。


さて、イール7のノーシンカーワッキー1投目…

{FFAA0D60-0D5C-4DCA-8B75-2066E3205983}

早速釣れたし(笑)

フックはダイワのサクサスね。

今のところワームフックは全てサクサスですが、このフックはホント良いと思う。
ふざけた名前つけるだけあって、竿を立てるレベルで貫通する。いや、むしろ食った瞬間刺さってるかも。

雨パワーのおかげか、その後もイール7で連発する。

しかしサイズが伸びない


浮き気味のバスにスイッチ入れるならこれだろうということで…

{8AF6042F-44FD-4777-96B1-DBCBC02CC52E}

久々のスケベブロー48

このルアーそんな釣れんけどな(笑)
まぁ、クランクベイト自体研究しつくされてるし投げ尽くされてるルアーなので、今更クランクベイトに何か新しい発見や爆発力を期待するのは酷ってもんでしょうな。


しかしこの選択が功を奏して爆連する。


{C0A39404-CFF1-425A-9471-279B933E71CD}

{2332DA0C-A0E6-42EE-98C1-D96B78140805}

これくらいのやつ20匹くらい釣りましたわ(笑)
スケベブロー久々に日の目見たな(笑)

数打ちゃ当たる戦法で投げまくりましたが、結局この池ではサイズアップならず。


スケベブロー効くならあの池行くか、と思い移動。


街中の全面護岸池へ。
こういう池は晴天だと辛いですが、雨天風ありなら一気に強くなる。特にある池のある護岸帯は風があれば最強なので、そこに行くことに。
今日のスケブロの釣れっぷりから考えても釣れるパターンしか考えられない。


しかし着いて大誤算…。






減水しとるやないかい!




全く釣りしてなかったので、今現在ほとんどの池が減水状態にあることが頭に入ってませんでした(笑)

これは痛すぎる誤算。

普段1メートル以上ある護岸帯の水深が50センチほどまで減水。



これはヤバイなぁと思いつつ、移動する時間がないのでそこでやり尽くしましたが結局ワンバイトも得られず終了しました。
多分通常の水深があればハメれたことでしょう。


バス釣りは岸際のストラクチャーを狙う場合、そこのストラクチャー部の水深が物凄い大事になってきますなぁ。
バスのさし方が水深数十センチ違うだけで変わってくるので、いくら良いポイントでもそこに水深が無ければ一気にダメダメポイントになってしまいますね。

特にアシは顕著だと思います。
アシは水深があればあるほどそこにバスが入る確率が高いですからね。

まぁこの岸際の水深、ストラクチャーに絡む水深を基準にして旧吉野川や利根川といったタイダルリバーは戦略を組んでいくんでしょうけど。
タイダルリバーは潮の満ち引きで岸際の水深が変わるので、狙うポイントの水深がベストになった時にそこに入ったりするのがええんでしょうね。

最近は旧吉野川であまりTOP50が開催されてませんが、黒帯リアルファイトで旧吉野川の試合の模様を見た時にも、今江プロは狙いのポイントの水深の変動などを基準にして動いてました。
紀ノ川行った時にも一回ありましたが、水深が足りないとバスが入ってこないので全然あきませんわ。


まぁ今日は久々の釣りだったので、それなりには楽しめたと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この前NECの無線LANルーターが役立たずだというどうでもいい話を書きましたが…


あれは実は無線LANルーターが悪かったのではなく、回線自体が不具合を起こしていただけのことでした。





すまん、NEC(´・ω・`)


(どっちにしろあまり良くない無線LANルーターですが…)




今回はホンモノの役立たずのご紹介です。


{5BCE5CF2-618C-404F-8E90-086DC063A8F8}


それがコレ、SEIYUの虫除けスプレー。


スーパーSEIYUは近くにあり、なおかつ一番安いためよく利用するのですが、そこで売ってるオリジナル商品?かなんかのこの虫除けスプレーはマジで使えません。

虫除けスプレー買い忘れた時に安かったので試しに買ってみたのですが、虫を除けるという本来の役割を全く果たさずゴミ同然の商品です。
去年の夏に一回こいつで野池に釣り行ったのですが、蚊に思う存分血液を献上しただけで終わりました。
「シンプルで無駄がない」とか裏に書かれてますが、もはや存在自体が無駄ですわ(笑)

なので買う人はいないと思いますが、くれぐれも買わないように。




{2962B92B-B8DC-4556-BD6D-450E9683C2F8}

価格と品質のバランス的にやっぱり定番?のサラテクトが自分的にはええかなと。
とりあえずこいつがあれば野池の釣りで困ることはないので、防蚊対策はサラテクトのみです。


しかし元イマカツ舎弟のホゲキングによると、防蚊対策はサラテクトFAが最強らしい
{FFED3362-963F-4FCE-8BA0-14F299EA10DA}

サラテクトと違うのは医薬品ってことかな?

医薬品に分類されるだけあって最強の効き目らしい。


僕はB型なのでそこまでエグい攻めにはあいませんが、O型の人にはこれがファイナルアンサーかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。