REPORT - 0118│霊仙廃集落群・比婆神社 | 旧スゴログ - 新サイトへ移行中です(トップ参照)
2013-12-16 20:00:00

REPORT - 0118│霊仙廃集落群・比婆神社

テーマ:レポートエントリー

6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


滋賀県│比婆神社


滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 霊仙廃集落群 - 比婆神社


男鬼集落跡からほんの目と鼻の先の距離にその美しい神社は在ります、秘境の神社、山の守り神、そう信仰深く呼ばれ参拝客も同地域においては実に多い比婆神社


しかもまだ解明されていない比婆神社の穴なる洞窟、史実がハッキリしない高取山城との関係などこの比婆神社さんはぷんぷん匂うんですよねぇ…良質物件の良い匂いが。


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


予備知識ゼロで遭遇したこの比婆神社、そう言えば国土地図で男鬼集落の横に神社のマークが在るなぁとは思っていた。が、しかし。等高線を無視して忙しく走る小道の表記がコレは面倒臭ぇ場所なんじゃないか、と見ないフリですっかり記憶から無くなっていまして。現地で地図と照らし合わせてやっと地図表記の神社だと気付いたのだけど、いやぁココは素晴らしい神社です。写真は比婆神社の入口に位置する鳥居、普通なら直ぐ在る筈なんですよね本堂が。


比婆神社はここから違うっちゅうか、驚く事にここから鳥居を抜けて本堂まで山道を行けとおっしゃる。因みにヤフーマップやグーグルマップには本堂までの道は記載されておりませんので国土地図でご確認を。


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


入り口には比婆神社についての概要が掲示されています、神社についてお話はとても面白く是非各々方にて調べてみて下さい。


6Frogs nee Blog-blog_line_091214


さて、ここから肝心の比婆神社を楽しむポイントです。


比婆神社は元々険しい比婆之山への山道を有志の方達が別ルートで車で走れる車参道を切り開いてくれた事で参拝し易く成りました、人が徒歩で登る参道も在りますが現在は荒廃し、見付けるのも少々大変で実際人が歩ける状態でも在りません。アクセスはこの車参道のみ(男鬼集落方面からは)と成ります、山頂までは徒歩で急ぎで30分、ゆっくりで50分位掛かり、車では10分も走りません。


山頂付近に比婆神社本堂が在り、更にその上を登山道が在ります。


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


先程道は地図に描かれてないと書いたのだけれど実は鳥居を潜ってからも”車で走れる”道が現地に行けば確認出来る筈だ(記述の別ルートってヤツです)、ちょっと驚く仕様で戸惑うかもしれないけど車道として本堂まで行ける珍しい参道だ。これは元々人道しか無かったのだえれど余りに鳥居(アクセスメインの道路)から本堂が離れている為、また険しい山道だった為に地元の有志の寄付で整備されたのだそうだ。


写真引用:ウッスンの「B級紀行」│http://d.hatena.ne.jp/general_commander/


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


2007年にこの地方の大雪の為に参道が一部崩落、しかしこれまた地元の有志によって復旧されている。こんな山深い、しかも廃村が点在する人里は離れた神社を今でも大切に思っている方達が沢山居る事に再度驚かされる。


また2011年には参道、門、本堂と軒並み手を入れて改修工事が行われていて以降参拝客も増えたと聞く、信仰の厚い神社としても今後注目されることだろう。


あ、そうそう。


この改修工事には本当に嘆かわしい事実がもう一つ在りまして。実は玉垣の屋根を覆っていた銅板が取り外され盗まれてしまったと言うのだ、現在も元住民が通う男鬼集落をはじめ付近の信仰を集める神社だけに広くこの問題を知って欲しいばかりだ。


写真引用:松の陰から│http://matsunokage.at.webry.info/


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


本堂は脆い石灰岩に囲まれ、へばり付く様に鎮座している。伊邪那美大神が山入りされたと伝わっており、古書によれば山神さんと敬われこの聖地を求めて、全国から多くの参拝者が訪れたとの事。昔の神殿は宝暦以前の建立であったそうですが大正の末期に現社殿が再建されました。


資料から関連する一節を引用しよう。


写真引用:松の陰から│http://matsunokage.at.webry.info/


6Frogs - 毎日をデザインで考える- 廃虚 廃屋 廃校 鉱山 廃村 秘境 登山 鍾乳洞 ケイビング キャニオニング トレッキング クライミング 破線


比婆山は、日本神話においてい伊邪那美が葬られた地であります。古事記において「かれその神避りし伊邪那美の神は、出雲の国と伯耆の国の境、比婆の山に葬りき」と記されています。本居宣長の『古事記伝』の記述からは出雲と伯耆の境に近い島根県安来市の比婆山であると推定しています。


6Frogs - 毎日をデザインで考える- 廃虚 廃屋 廃校 鉱山 廃村 秘境 登山 鍾乳洞 ケイビング キャニオニング トレッキング クライミング 破線


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


こちらも改修工事で足元の危険が懸念されていた不安が解消、安心して参拝出来る様に成った。地元の有志の会や工事関係者によるとこの恐ろしく遠い道程を経て賽銭泥棒がやって来るのだとか、罰当たりな輩がいるものだけれど建材泥棒同様、その労力と気力が在れば他に生かして頂きたいと切に思う。


写真引用:松の陰から│http://matsunokage.at.webry.info/


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


比婆神社本殿への参拝を済ませたら比婆神社の穴と言われる洞窟の入口を探しましょう、実は比婆之山山頂付近には地下に洞窟が結構な規模で存在しているらしく、現在においてもまだ調査されていない天然の未踏洞窟が残っています。


入り口は一箇所だけでなく複数箇所あり、夏季にはコウモリ達の別荘として役に立っているとか。


国内にはまだまだ未踏の洞窟や鍾乳洞が多いけれどその理由は危険(地形的な問題や地質的な強度、また有毒ガスによる危険回避の為)が大部分を占める、がこの比婆神社の穴は信仰的な存在を蔑ろにする恐れを懸念して調査目的での探索調査を行っていない珍しい物件。


ケイビングが趣味な人間からすると是非洞内を探索してみたいが今回ばかりはそうはいかない、普段山の神様に一礼して入山し、下山時にも同様に頭を降ろす。だからこそ人々の信仰の場は安易に踏み入れてはいけないのだと山屋の諸先輩方もおっしゃっておられるのです。


写真引用:松の陰から│http://matsunokage.at.webry.info/


6Frogs nee Blog-blog_line_091214


6frogs 霊仙廃集落 男鬼 比婆神社 穴 洞窟 比婆之山


比婆神社付近には自然湧水が幾つか在り、参道にもそれは見られる。男鬼集落へ戻る道すがら竹割の湧水渡しが作られていた、地域柄で言えば硬水に成る。飲んではないが汲みに来る方が現在でも居るらしいので飲めるレベルの綺麗さは昔から変わらないのだろう。付近には清流にしか生息出来ない山菜として有名なワサビも群生する、本当に自然が豊かな場所だ。

さて、最後にこの神社の総括とエントリー内で触れた「高取山城」について語って終わりにしよう。


彦根市史によれば「山の神」、「山ノ神」は彦根で6か所。男鬼集落に小字名「山ノ神」がある。中世中期(室町時代)より古文書でその名は既に見て取れるので相当古い時期から存在したのだと予測されているそうだ。


比婆神社背後の尾根から約10分程度で到達する比婆山山頂から霊仙山の方角に向かうと高取山山頂に男鬼城(高取城)があります。何故この城が築かれたのか、築城の時代も不明、城主は河原豊後守しか判っていません。男鬼集落の最後でも少しだけ触れたけれど「城主が日光の東照宮を建てた大棟梁の一族かもしれないとの説」も在って大変興味深い。


この山々は古き時から人の往来があった間道も伝えられており、比婆神社の磐座も太古の時代から信仰されていたのではないかと思われます。文献(※1)では比婆神社の創立は1948年、しかしこれも初期建立→大正末期の再建→近代史での創立確認と経ているので整合性は取れない様です。


※1:1976年発刊 新註「近江輿地志略」の巻77 坂田郡 男鬼村


因みに男鬼城(高取城/高取山城)に関してはこちらのサイトで詳しく解説されていますので興味の在る方は是非ご覧下さい、本日は以上です。


城跡むぐり備忘録 - 高取山城

http://www.geocities.jp/buntoyou/f7/sh-f2425takatoriyama.html


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃虚や廃村、秘境や遺構の調査レポートメンバー


アプローチ
霊仙廃集落群と同じくして訪れる場合は彦根ICより国道306号へ彦根市外方面へ、途中県道17号との分岐から霊仙地区へ。幾つかの分岐が在るので地図上で確認し、落合集落跡を抜けて男鬼地区へ。男鬼集落を抜けると数分で比婆神社の鳥居が見えてきます、本道までは入り口の鳥居を抜けて山道(現在は車道なので車進入可)を最後まで走ってください。

地図リンク

http://goo.gl/maps/Dx33S


撮影者:nee


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-ブログ村 ランキング 廃墟写真


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-人気ブログ ランキング 近代化遺産


6Frogs - 毎日をデザインで考える- 廃虚 廃屋 廃校 鉱山 廃村 秘境 登山 鍾乳洞 ケイビング キャニオニング トレッキング クライミング 破線


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-廃墟 廃村 廃校 廃道 廃橋 遺構 探訪目録01

6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-廃墟 廃村 廃校 廃道 廃橋 遺構


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-廃墟 廃村 廃校 廃道 廃橋 遺構


6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート-廃墟 廃村 廃校 廃道 廃橋 遺構 注意点


6Frogs - 毎日をデザインで考える- 廃虚 廃屋 廃校 鉱山 廃村 秘境 登山 鍾乳洞 ケイビング キャニオニング トレッキング クライミング 破線


ここから下はブログ内容と一切関係ないブログサービスの広告スペースです、誤ったクリックなどにご注意下さい


6FROGS DESIGN WORKSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス