しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

今月末まで在籍の施設は、

都道府県レベルでのがん診療連携拠点病院病院です。

 

晴れ標準治療お月様星は行えていると思います。

がん患者さんの数も一定数いるのでしょう。

だから指定されたのだと思っています。

 

でも、それ以上でもそれ以下でもない様に私は感じています。

看護をはじめとするケア,サポートは

その名を満たしていない様に感じます。

 

専門看護師,認定看護師、比較して少ないです。

相談支援室、他と比較してみて充実していない様に思います。

何をどこまで出来るのかやって頂けるのか分かりません。

連携不十分です。

チラシやポスターやパンフレットで提供する情報量、

私の目線では少な過ぎるなと感じます。

 

「患者サロン」は不定期でたまに行われていますが、

当院がん専門看護師さんとしては

必要性はあまり認識されておらず、

充実させる力は入れられていない様に感じます。

 

緩和ケアチームは

充実している風なHPでの紹介ですが、

緩和ケア医は「疼痛コントロール」に長けてはいるものの、

トータルぺインへのケア(全人的ケア)は

パワハラ主任雷にも見えて来ないものです。

(パワハラ主任雷:当院一筋,アラフィフ,知識は優秀100点

 

私が単に世間知らずなのかもしれませんが、

そういう施設でも指定キラキラされることを知りました。

(他にもっと頑張っている施設ありベルと感じています。)

 

私にとって唯一、有意義なお話ができた

精神看護専門看護師さんクローバーは、

私より後の入職で、私より先に退職されました。

専門看護師さんが1年もたないのは、

少なくとも私にとっては、かなり大きなことでしたショック!あせる

 

一つ前の勤務先病院では、

電子カルテパソコンで患者さんの全体像や看護記録で

明確にされていることが

私の中での普通~それ以上合格でした。

 

専門看護師さん,認定看護師さんの「看護の認識」も

私の中での普通~++以上合格でした。

これが今のフツウの一面なのだと感じていました。

 

今の施設では、この基本的な部分パソコンに辿り着けません。

視点や展開する力が充足していなくて、

これが風土で来てしまったからなんだろうな、と感じました。

 

私にとってそのシンボル的なエピソードが、

繰り返しになりますが

化学療法認定看護師兼外科病棟師長さんピンク薔薇

「仕事のこと訊くってそんなに大事~!?」の件です。

 

採用時面接で、看護部長さん王冠1より

「あなたは患者さんの気持ちが分かるのよねはてなマーク

うちは若い人が多くて、その辺がまだまだなの。」

と言われました。

 

又、看護部長さん王冠1のがん看護における

ビジョンに感激キラキラした部分があり、

国レベルのがん診療連携拠点病院

目指しているとお聞きしたキラキラのですが、

末端までそれは浸透していないし、

行動レベルではもちろん、

目標レベルでも展開されていないと

勤務してから実感しました。

 

教育しきれないこと 、

リスク管理がちょっと困難かなと感じられたことは

教育中止して回避注意

 

又、コミュニケーションを制限する方法を取っているのだから、

患者さんやご家族の気持ちには

いつまでも近づけないのではないのかなはてなマークと感じました。

 

ここで長年やってきて、

この風土を作ってきた大きな一片なのだから

しかたないのかもしれません。

 

医療安全面や感染対策に関しては

これまでの記事通りです。

 

スタンダードプリコーション(標準予防策)

http://www.micks.jp/icguide/dentist/foundation/standard.html

と手指衛生~未滅菌手袋の認識の件は

特に驚きましたがガーン改めて学び直す機会を得ました。

(他施設の感染管理認定看護師さん赤薔薇

お話を聴ける機会を得ました。)

 

一つ一つ挙げていったら山になりそうですあせる

 

業務上~直接患者さんにも影響する可能性のある、

差し支えある程の物品不足。

 

急変時これでは対応できませんよね!?という部屋のレイアウト。

すぐに色々な物がごちゃごちゃになる、

今まで私でも見たことがない狭過ぎる処置台。

 

建て替え前とのことでしたが、

私にとってはすべてがテキトー過ぎて怖さを感じました。

 

過去含め○○科×2、

マニュアル本無しでスタートさせたと聞きました。

毎日、私のような者には分からない会議三昧ですので、

分かる人が分かっていればいいのでしょうか…。

 

自分の過去の経験がふと思い出され、

施設の大小に関わらずそんなものかと驚きましたが、

すぐに諦められました。

でも、自分はもう、この類には関わりたくないです。

 

定期的にしかるべき組織晴れから、

調査 評価 指導があったと思うのですが、

こういった点はどうなのか、私には疑問が残ります。

世の中、こういう一面があるということですよね~。

 

それでも、「べき論」ではなくて、

「看護倫理」という視点を得て、

自分なりに考え直して、

自分は何を選択するのか捉え直すよい機会を得ました。

 

おカネ¥無いんだな~どこもキビシイよね~あせる

という部分かもしれませんが、

年末に管理職の顔がプリントされたお菓子を

全職員はてなマークに配っていたり、

(私は配属先リーダーから頂けませんでした。)

「5年」勤続者の表彰があったりして、

私としては驚きましたポーン

 

そう言うおカネ¥があるんだったら、

まともなパソコンパソコン一台でもいいから買って欲しかったな。

経皮的動脈血酸素飽和濃度測定器、

現場で探さなくて済む数揃えて欲しかったな。

処置具をまともに洗浄できるシステムにして欲しかったな。

マルク(骨髄穿刺)針をディスポ―ザブルにして欲しかったな。

 

業務改善,物品・レイアウトを整備すれば

人員も調整できるかんじ。

私としては

パートのお時給¥-200~100円して頂いて全く構わないから、

安全に清潔に無駄少なく

患者さんに自分に朗らかにクローバー

それと腰痛少なく働きた~い笑い泣き


期待虹すると落胆も大きい。

期待虹が自分の当然レベル晴れのことなら尚更かもしれません。

 

話がそれて、又ぐちになってごめんなさい。

 

…「当たり前」が何なのか、

自分にとって、

患者さんにご利用頂くというところからの医療現場にとって、

社会にとって…

考えさせられました。

 

がん診療連携拠点病院というラベルが

これから病と闘う施設を決める方々にとって

一つの指標になりえる場合も考えると、

私にとっては気になることが少なくありませんでした。

 

組織のビジョン虹って大切だなと感じ直しましたし、

それはトップの方々王冠2王冠1が示す姿勢と

相互作用するものだなと実感し直しています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

先日の帯状疱疹の患者さんの件について

Facebookパソコンで頂いたコメントより~クリスマスツリー



クリスマスベル患者としての私は今の今まで、

「患者の不安を和らげるために、

お医者さんが説明した難しい話を

看護師さんがわかりやすく“翻訳”してくれる」

と思っていたんですけどねぇ…。

 


ジンジャーブレッドマンコメントありがとうございます。
以下かなりの長文になってしまいました…すみません。

 

きっと多くの看護師や組織が、

基本的にはその様に考えていると思っているのですが、

当院の少なくとも皮膚科やケモ室の場合は違うようです。


当院の皮膚科は重篤な患者さんがとても少なく、

基本かなり元気ですので、

意にそぐわないとか気に入らないとかは

すぐクレームにするという特徴があるらしいです。

 

診察時の様子、本人の表情や言動を見ていれば、

大きなことにはならないと思っています。


この時代、クレーマーが多くなっていますが、

やはり医療者としては

患者さんに必要なことは伝えなければならないし、

不安は受けとめつつ最小限で済むよう

心掛けするのは言うまでもない責務と思っています。


医療者側のそういった技術不足を内省できない風土が

こういった結果になるのだろうと思っています。

 

ベストを尽くしても変な患者さんはいるものですが、

それは組織としてスタッフを守ればいいだけのことで、

クレーマー的患者さんに言われたことだけを注目していたら

医療は成り立たない一面もあると思います。

 

「私失敗しないので」って言ってやろうかと思いましたが(笑)

人相手のコミュニケーションで100%はなかなか難しいですし、

そこを忘れてしまってはいけないとも思っています。

 

皮膚科医の私への反応は、

別件も重なっており、

同調と感謝という感じが嘘なく感じられたので救いでした。

 

何はともあれ、

顔に神経痛が残るのは大変な苦痛なので、

それは回避したいし、

ご本人にとっても不本意なことだと思いますし、

ただそれだけの思いでした。

 

そんな思いでの発信は、

たとえ本人の不安を一時的に助長させたとしても、

必要なこととして受けとめ

消化して頂けることと私は信じています。

 

だれも教えてくれなかったとか

誰も話してくれなかったとかのクレームも

きっとあると思いますし、

こういう組織はそうそう変わらないので…

蓄積した思いもあり…

成宮くんのように一刻も早く立ち去りたい様な気持ちです(笑)

 

 

クリスマスツリー以前書きましたが、

化学療法認定看護師兼消化器外科病棟師長さんの

「仕事の事訊くってそんなに大事~はてなマーク

「化学療法室は患者さんと話す所じゃなくて、

(化学療法完遂に必要なセルフケアを)

指導するところだよね!?

言いたいことは分かりますが、

これは衝撃でしたゲッソリ

 

私の思いhttp://ameblo.jp/6906-0805all-isdsck/entry-12187917791.html

を伝えたところで、無言でややうつむいて反応なし。

「それはそうかもしれないけれど、

きれいごとでは回らないのよ。」

的なことでもよかった。

何かしらの反応が無かったことは、

私には大きな落胆でしたダウン

 

又、皮膚科リーダーには、

「緩和ケアやってきたと言うので言っておきますが、

外来は話す所じゃないので。」

とも言われていました。

なんだか緩和ケアでの対話を軽視されたように感じ

これも落胆でしたダウン

 

ま~分かろうとしない人に何言っても仕方無いんですよね…。

 

それら諸々に囚われている自分は

やっぱり病んでいる人間なんだなと思いますチーンダウン

 

さてそれでどうするこまめよヒヨコ

 

がっかり汗から立ち直れないはてなマーク

 

転んでもただでは起きないカメだよね~アップアップアップアップアップ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

クリスマスツリー帯状疱疹(頭頸部)について

全く無知と思われる患者さんへの、

その反応をアセスメントした結果の

看護師としての追加説明について。

 

患者さんの不安を助長するので、

医師が説明したこと以外、わざわざ看護師が話をしないこと。」

と部署リーダーに注意された。

 

スミマセン汗何だか何だか「あーしにたい」と思ってしまった笑い泣き


外来に看護師がいる目的、何なのだろうと思った。


顔の帯状疱疹後神経痛の悪化は、

現実となればかなりの苦痛である。

 

患者さんは持論展開の時間が多く、

多忙なことや忘年会参加への注意の認識が今一つはてなマークと感じた。


その為、退室後、

皮膚科医がパンフレットを渡しただけで

きちんと口頭で説明していなかった帯状疱疹後神経痛と、

その長期化のリスクについても説明。


そのためにも休息第一であると話し、

ご納得の様子を頂けた。

 

リーダー看護師より注意を受けた為もあり、

皮膚科医にいちお詫びも含め丁寧に報告。
皮膚科医とは目線が同様であり、

同調して頂き、お礼のお言葉を頂き事なきとなったが…チーン

 

クリスマスツリー主任看護師が化学療法副作用のケアについて

「言うことを聞かないからもう関与しな~い」としていた結果、

腫瘍による疼痛も放置された経過になった患者さんの件。


「言うことを聞けない」には、

なるほどと思える本人なりの理由や困り事があったのだが、

そこに辿り着けなかった看護師や医師の視野、認識不足を感じる。

 

クリスマスツリー異物付着の手術,処置器具に問題を感じないこと。
又、関与出来ないと結論づける看護師でいられる件。


患者さんに至るまでの数々の問題について、

ゲートキーパー的な意識が看護師に無いのは、

私としてはリスク管理が未熟な気がする。


こういう意識不足が、

過去の誤薬のニュースに関連するのだろうと感じている。

 

 

「看護倫理」というと、特別なカンジや難しく感じますが、

看護の基本的責務なだけなんですよね…。

 

研修でも、具体例を出していく際、

日常的な本当に些細なことで十分それなのだと知りました。

 

私としては、

がん患者さん,ご家族の意思決定支援の基本として

学びたいと思って参加しましたが、

その視野がある人は参加者にはいませんでした。

 

この院内研修、

対象を区切ることなく、

希望制ではなく、

全員にすべきなんじゃないのと思った次第です。

特にこの病院は。

 

これから、もしも議論になった際、

というか感情論ではないきちんとした議論を望む際には、

これはビックリマークカナヘイびっくり役立つツールを頂けたカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハート

感謝していますニコニコ音譜

「それは看護倫理的にはどうなんでしょう」と言えそうです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ぐちと言うか…弱音です汗
皮膚科外来に異動になって1か月過ぎましたダルマ


私から見れば、

乱暴な表現ですが「飼いごろし」状態に感じています…。
初期に基本の説明を受けましたが、

以後見学続きで

ほぼほぼ棒立ち3時間時計×2(AM・PM)が続いており、

腰痛と下腿浮腫+末梢神経障害の痺れ増強で

ちょっと参っていますあせる


焦らなくていいのよ~

ゆっくりでいいのよ~

一人でやらせないからね~
と、トップの皆様からお気遣い頂いているのは

有難く思わなければなりませんが、

当院の教育の標準を知らないし、

パワハラ休職にて

精神異常者~問題人間扱いされているのを感じていて、

やるせない思いが募っています笑い泣き


棒立ち6時間で¥¥¥¥¥はオイシイお仕事~爆  笑

と思ってみたりしています音譜


患者さんの個別性,背景,歴史、全体像、

看れない,みようとしないor関心が薄いはてなマーク方々が

少なくない様なので、

(私も日々精進でえらそうなことは言えませんが)

パワハラ休職復帰後の

サバイバー+オババ看護師の気持ちは

分からないに決まっているし、

だから采配も何ダカナ~しょぼんと言うのは当然と思ってみたりします。

 

 先程、

「こまめヒヨコさんって、ずっと皮膚科にいるんですか。

何も聞いていないので分からないんですけど。」

とサブリーダー的な人に言われました。
ヒヨコ「はじめにケモ室(化学療法室)復帰を言われ、

出来ないと答えたら、

副看護部長さんはしばらく沈黙した後、皮膚科にと言いました。

私は言われる様にするだけです。」

 

…他人の細胞で生きている者の

仕事(看護)に対する思いクローバーを感じろ

という方がオカシイでしょうねウシシ

視界星も熱量メラメラも違って当然なのだから、

私は私でがんばるのみなんですよねうり坊DASH!

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

先日、皮膚科小手術の器具の一次(はてなマーク)洗浄をしました。

 

休職前、内科処置室で

骨髄穿刺(マルク)のリユース針の

一次(はてなマーク)洗浄をした際にも感じていたのですが…

 

例えば、

鋏のような形態の留め金の部分を

しっかり広げてみると錆があって、

紙でこすったらその色が付いたとか、

先端に滑り止めとしての細かい凸凹もしくはギザギザの

溝の部分に黒い物体が付着していて

その溝が浅くなっているとか、

金属ブラシでこすったらきっと取れそうな物体が見られ、

独りで気持ち悪くなりました。

 

「中央材料室」で通常しっかり洗浄して、

本来、錆や切れ味などはきちんとメンテナンスして、

滅菌にかけるのですが…

どうなっているのかと…

 

感染管理としての洗浄については、

一部記事にした通り、

つい最近 部署のリーダー看護師と副看護部長に話して、

気分を害されただけで終了してしまったので、

直接言っても五月蝿がられるだけだろうと

自己防衛的な気持ちがあります。

 

これ自体が

必ずしも重大な感染源になるとは

現実的には言い難いですが、

不要な物の存在ではあり

不潔は不潔であり、

プロとしては目を瞑れません。

 

ここで言ってもしかたないですけど、

こんなことまで、もう、もう、気にしたくないから、

そういうリスクは無いと

信じられるランクの病院を選んで転職したつもりが…

溜息と落胆と疲労感でいっぱいです…。

 

こういう器具を提供できる

無知、無頓着さがスゴイな…。

手術室での器具各種はどうなっているんだろう…。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。