しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

まずは、巡回健診の単発的アルバイトを重ねました。
登録会社に病気のことは言いましたが
採用に支障はありませんでした。


会場設営と後片づけが力仕事で疲れました。
派遣先のスタッフは私の病気のことは知りません。
男性がいてもおばばには容赦ないです

必要最低限のことを行い、
とにかく速くこなさなければならないので、
あれこれ気になる基本スローテンポの私は
疲れました

某求人情報で週2日からOKの
以前から知る大きめ病院のアルバイトを見つけ、
ドキドキして面接を受け、
健康状態の記載用紙もあった為
病気のこともはっきり伝えましたが
スムーズに採用されました。


この病院は、
骨髄移植にも力を注いでいるご施設だったので、
「がんと就労」が注目されている中で、
簡単には不採用にならないと思いました。

骨髄移植に長年携わったことがあると言う師長さんより
身体のことは熟慮しますと言われましたが、
当時の私にとっては、
配属先の内視鏡室の外回りは
今の10kmマラソンよりずっとずっときつかった

多い時で
午前中で90名くらいの患者さん/8列の検査室での胃カメラ。

私から見たら、
オーバーなお薬使用して、
鎮静の管理や検査後の説明も
なーなーで怖かった

キシロカインビスカスでの咽頭麻酔も
下手なやり方で
(患者さんにとって頂く姿勢がよくない)
使用総量として明らかにやみくもにオーバーで、
初日から目玉が飛び出まくって、
目玉を拾って納めるのに大変でした

カルテ記載も殆どしていませんでした。
私としては、ずさんで残念だなというカンジです

入院中の骨髄移植後患者さんで
点滴ポンプが4台ついているような段階の
車椅子移動の方を
平気で1時間以上
大勢の外来患者さんが行きかう中で待たせているのも
驚きでした

検査の合間に医師が
軽くその場でがん告知して、
沈む患者さん・ご家族に少しの間一緒にいたら、
常勤スタッフさんから
患者さん一人に時間取らないでと言われて…。
コノ施設の割には、
整っていない消化器内視鏡科だなと思いました。

看護管理や教育のなんらかでも
有名な病院らしいのですが、
もしかしたらなんてことないのではと感じました。

内視鏡室の外回りを妊婦さんの異動先に決めて、
あとはアルバイトでまかない、
「ここには看護はないから」と言ってのける
管理業務可能レベルの常勤さんを数名おき、
言葉が乱暴ですが
いわゆるしわよせの部署を作っておけば、
大まかな看護職員管理はOKだろうなと感じました。

基本的にスタッフ間の挨拶なし。
お早うございますとかお疲れ様ですとか。
暗い部署(病院)だなと感じました。

それでも、
主任さんには救われた部分があり、
十分教育を受け、できる方なんだろうなと思いました。

私のやりにくいと判断した部分に耳を傾け、
ご自身の判断を持って
すぐに改善してくれたところがありました。

大腸カメラの洗腸剤開始前の問診で、
その方の検査目的や基礎疾患さえ分からないで
行うというのは違いますしね…。

身体がついて行けず
異動を希望してみましたが、
アルバイトはこの部署だけらしく、
おそらく、どこの馬の骨か分からない人間は
他の部署には置かないと言うことの様でしたので、
6か月間の勤務後、契約の更新はせずに辞めました。

私の意見のエビデンスとなる資料の提出を指示されており、
レポートは14ページ/A47枚
+検索した他施設の研究の資料を、
勤務最終日に、主任さんと
医療安全・医療の質委員会のポストに提出しました。

その夜、私は異型狭心症の発作を起こしました。
今となっては笑えます

その後、音沙汰無しです。
それからここの内視鏡アルバイトの求人は見かけていません。
何かしらの改善があったらいいなと思っています。

…病院名でのブランド力ってすごいな
と思う部分がありました。
(私としては)危ない,おかしいやり方でも、
事故やクレームがなければOKで、
医師の診断力・技術力が、
実質特別高くは無くても、
患者さんは期待し安心し信じている一面があるんだなと、
今更ながら実感しました…。

過去の関連記事
'13.9/6  無意味な正義感/前編  無意味な正義感/後編


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

私の病院看護師復帰を
お祝いしてくださった方々ごめんなさい。

今月末の契約期間満了をもって退職となりました。
内視鏡室と看護事例検討会で体験したことは、
私にとってたまらないものでした

気力は萎え、
体力不足・易疲労に滲みる負担・苦痛を、
今 不毛だと線引きするのは、
我慢不足と言われても仕方ありません。

ここで目をつむって、
患者さんを大きく傷つけることが起これば、
今は立ち直る自信がありません。

主任や師長と話しましたが、
基準が違い過ぎていると感じました。
私の「文句」のエビデンスを出せと言うので、
他施設の研究資料と
内視鏡看護(記録)ガイドラインを提出しました。

人としての純粋な優しさは、
幾ら医療者としての自己防衛としても、
日々の医療現場でこれ程薄れるものなのかと、
哀しく感じた部分もあります

私が思う「いい病院」なんか
滅多に無いのはとっくに知っています。

看護学生の頃からの評判をひきずるのも
オカシイと思っていましたが、
根本的カラーは変わらないものなのかなぁ。

急募が続くのはオカシイからだと内省した方が…。
内視鏡室同期入職者全員退職です。

あくまでも私の感覚ですが、
はだかの王様の医療者と、
それを盲目的にもしくは意図的に
拍手喝采する患者さんの存在、
(↑患者さんへの悪口ではありません)

一流とか最高レベルとは何なのかなんてことと、
がん診療連携拠点病院のレベル格差を
考えさせられたのは、
良い経験でした

facebookの投稿より編集

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

前回の続き
パソコンfacebookのコメントより

ヒヨコこまめヒヨコ
私が見たこと聴いたことは
本当に一部だと思いますが、
若い看護師さんにめぐる思いがあっても
看護に反映する力は少ないし、
チームで対応できない現実があるのだろう
と実感しました。

おそらく
お互いスタッフの表情を見ながら
仕事するようなことは、
多忙な中ではなかなか難しいのでしょうし、
実の少ないカンファレンスだったり、
患者さん・ご家族
・看護師・医師・コ・メディカルの輪(複数の交じり合う輪)
が意識さえされていない(?)
現実も感じました。

「それぞれが皆孤独」みたいな。

そこで、
患者・家族はどう動くか
という視点も充実させたいと思っています。

ブーケ1そのえ先輩ブーケ1より
そうした不全感、リアルタイムで話し合って
実践で修正できると良いのにね。
自分のケアを振り返るのは
中途半端では意味がないよね。
とことん考えて、
ドン底から視えてくるものが大事だから。

ヒヨコこまめヒヨコ
おっしゃる通りだと思います。
そして、せっかく全体会をやっているのだから、
病棟の看護力のUPにはどうしていくのか、
チームワークの見直しとか、
振り返りだけではなく
日々の行動レベルで出てこないと、

患者さん,ご家族,担当看護師にとって
同じ苦しみが繰り返すだけで、
誰のためにもならないと思っています。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

アルバイト先の看護部による症例検討発表会に初参加。
大大別すれば、
がん終末期患者さん・ご家族のよくあると思われる様な
症例数例の発表。

若々しい白衣の皆様の中、
外来アルバイトオバチャン看護師,
しかも私服参加は私だけでした
それを象徴するかのごとく、
もう新しくはない「じぇじぇじぇ」が私の頭をかけめぐり…
動悸していたのは私だけかも…

あぁそうか…
看護の多角的評価や、
類似状態になった時の
アセスメント/看護計画に生かすというよりも、
担当看護師の個人的な不全感の解消の場なんですね…。
そういう場が必大切だとか聞いた覚えもあります。

こういう場で泣き出す気持ちも分かりますよ…。
同じ病棟の先輩や同僚が
「苦しい気持ちをその時に分かってあげられなくてごめんね。
あなたはよく頑張りました。」
「私、事例発表して良かったです!」
ということ…。

もっと泣きたかったのは、
患者さんやご家族だったと思いますよ…。

厳しいかもしれませんが、
ベストを尽くした不全感と
途中で妥協・逃げの不全感は違うものです。

それで今後はどうするのでしょうか…
それが見えることが「症例検討」で、
それによって本当の意味で個人の苦しみが癒え、
看護力にも変わり、また前進できるのではないかと
私は思います。

あなたのその言動が、
ご遺族の深いなかなか癒えない傷になりえることや、
ご遺族が万が一再び医療と深く関わる際、
大きな影にもなる怖さには向き合えていませんよね…。

事前にプログラムを読んでいて、
ちょっと言いたい気持ちがありました
でも、あまりに視点が違って「お呼びでない」感があり、
私の不全感になりました

良かったことは、
自分だったらどう看護するかと考えられたこと、
発表前グループワーク内の
評価コメント中に共感できることがあったこと、

院内の状態の一部が何となく見えて
残念さを改めて知れたこと、
自分が患者として受けた看護が
腑に落ちた(諦め)感覚を得られたこと、

一般,総合病院の
終末期がん患者さん・ご家族の医療者(との関係)への
悲嘆に
近付ける様な機会が、院内で得られたことです。

私が感じたことは
勿論この病院の全てではありませんが、
ここで自分が治療を受ける可能性もあったので、
あぁ入院しなくて良かった…とほっとしました。

自分は看護師よりも、
まだまだサバイバー部分が強いのだと思います。

またしばらく揺れ揺れの時間が続きます…。

以上、自分のfacebookの投稿より編集・転載。

ここに書いても結局は自己満足にしかならないのですが、
看護師さんもちょっと読んで頂いている様子なので、
現場の皆様の何かになれること、
図々しく期待しています

ピアサポーターを目指す者としては、
闘病生活を自分でデザインする意識を持って
医療者との関係をつくる…みたいなことに、
今回のことも生かしたいと思います
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

アルバイト先の外来師長さんに言われた、
「こまめヒヨコはサバイバーだから公平な看護の提供ができない。」
ということが頭を巡っています台風

おっしゃりたいことは、
きっと分かっているつもりですが…
言葉の定義の、
ちょっとした違いだけだと思いますが…
そもそも、ある意味、
「公平な看護」は有り得ないと思います。

重症度(状態)という「量」を考えるだけで明らかだと思います。
個別性を考えた「質」が一定なことは大切だと思います。
こういう意味での「公平な看護」が出来ないならプロ失格でしょう。

私を馬鹿にしている言葉だと感じました。

患者/看護師としての思い・言動~
そして仕事への姿勢…私はずっと悩んできました。
こういうことでは、仕事再開での「揺れ」は、
思っていたよりそう大きくありませんでした。

整理がつき始めていることを実感しています。

師長さんが私と同じ境遇にならないと…
なっても全ては同じ様には分からないだろうし、
今は想像もつかないでしょうね。
反対の立場で考えてみて、
普通に仕方ないとは思っています。

師長さんは、ご自身が造血幹細胞移植看護経験に長けている
と私に言った時点で、
私への看護の視点を持たれたことでしょう。
(そこまで考えないか)

まぁ…こまめヒヨコという患者/看護師には、
ちょっとミスマッチな看護(言動)でした。

私に対する管理面を差し引いても、
発せられた言動をトータルにみて、
「患者の歩みを聴かないまま、
環境を十分判断しないまま、
押しきる様な看護を提供する。」
という一面を感じました。

痛烈な患者体験後の感覚と
「ごくごく一般的な医療者の中のフツウの視野で働く」
という温度差は、強く痛く感じます。

「足並み揃える=公平」には、
知らないふり・感じないふり・見えないふり
が必要と実感し始めています。
一般的な看護師の視点が弱まるリスクを考えながら、
患者視点は生かしたいと思っています。

…当然の,自然のことなんですよね。
特別ではない。
仕方ないこと。
そういう方々に自分も看て頂いていたし…汗

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。