しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

受講期間最終日に終了出来ましたクラッカー

 

mini_180502_15490001.jpg


知らなかった基本的なことも

多々お勉強出来て良かったですニコニコ


在宅ホスピスケアハートが若い頃からの夢流れ星でしたが、

今回の腰痛再燃,画像所見も含めて

やっぱり難しいなと転んだあせる


白血病療養中に

長年の腰痛はリセットされたみたいになってたいよう。

走れる身体走る人をゲット出来たから、

もう一つの夢流れ星PCU(緩和ケア病棟)復活も含め、

やり様はあるのかもしゃがんだDASH!と思ってみていましたが…。


それでも、何処にいても勉強本は必要なので、

形はどうあれ精進を重ねますカメDASH!


すぐ忘れてしまうんだけれど…

ケモブレイン(抗がん剤治療の影響)のためだと、

何となく良い様に責任転嫁ウシシ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

看護師看護師の言葉遣いに疑問はてなマークを感じることしばしばうーん

 

スタッフ間看護師はもちろん、

患者さんほしご家族ほしにも

「です・ます調」で話す方々が少ないように感じます。

 

私は、言葉が乱れると気持ちも乱れるハートブレイクので、

職場では、どなたに対しても「です・ます調」が基本です。

 

新人看護師さん初心者マークが毎日緊張の中

頑張っていらっしゃる時期若葉かと思います。

 

先輩方看護師の雑談で、

あの子ってさぁ~あ」なんて言うのをよく見聞きしますが、

これには非常に違和感がありますぼけー汗

アノ「子」なのかなあうーんはてなマーク

 

それに、上司/先輩が、スタッフ/後輩に「やらせる」と言うこと。

時々、看護師看護師

患者さんほしご家族ほしに対して「やらせる」って使っていますね…叫び

 

患者さんほしご家族ほしタメ口で、

先輩看護師には丁寧語ってこともあって不思議ですにやり

 

今回の労災騒ぎのメラメラ病院病院も例外では無く…

看護部長さま王冠1師長さまくま肉球。のお言葉遣い、

レベル低ダウンかったなと思います。

 

昨日、求人の問い合わせ携帯をした病院の師長さまstar*

今は人は足りていると言われながらも、

電話で色々詳しく尋ねて来て、

それに応える度「う~ん右下矢印う~ん右下矢印」ってずっと繰り返され…。

 

「ずっと、う~ん右下矢印う~ん右下矢印っておっしゃていますね。

私の採用は積極的ではないご様子なので、

無理して頂かなくて結構です。

お電話で色々個人情報をお話するのは、もう…。」

 

star*「こちらの状況を考えていたんです。」とお応えになりました。

star*名前を名乗っていないことにも気づかず…。

 

この方star*きっと、

患者さんほしご家族ほしにも

こういう様な対応して来られたんだろうな…と思いました。

残念な方star*だなと思います。

 

看護師看護師の社会的地位が高く無いところって、

言葉遣いや態度が

カジュアル過ぎる方々が少なくないことも

あるのではないかなと思っています。

 

(意識下/無意識下によらず、「世話してあげている」と言う、

上から目線目があるのではないのかなと私は思っています。)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

死は受け入れられるのか否か
「悔いのない生」のために

【西智弘(にし・ともひろ)】 川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医
https://www.buzzfeed.com/jp/tomohironishi/shihaukeirerarerunoka?utm_term=.crGYXbqlL&ref=mobile_share#.by0EbO2em

 

22年前、某PCU(緩和ケア病棟)勤務で、

私は 本当にかなり漠然とですが、

おそらく同様のことを感じていました。


言葉にならない思いで、

周囲のスタッフには理解されず

変わり者の様に見られていたところがありました。

その後30代前半の頃だったか、

当時の「在宅ホスピスケア研究会」にて、

川越先生星のパリアンの看護師さん看護師

私達は死ぬためのケアをしているのではない。

よりよく生きぬくためのケアをしている。

という言葉が腑に落ち、心の底から救われ、

その場で泣いたことがありました。

又、都立駒込病院の佐々木先生星が同様のことを

「よき死とは」という題名でどちらかで書いておられ、

拝読し安堵した記憶があります。

数年前の緩和医療学会で、

明智先生星のこのテーマのセッション後に

少しだけお話をすることが出来ました。


約22年前は精神腫瘍科が発足した時代、

「死の受容」についてその認識がずれていた現実の一部を確認し

分かち合う様な時間を頂けたことは、

この時まだ骨髄移植後年数の経たないサバイバーとしても

悔いの(少)ない人生」に近付けさせて頂いた感覚を得ました。

一方、当時のPCUで教わった普遍的な基本的なものは

今も自分に生きていること、感謝していますクローバー


まだまだ「追いついていない」ということ、

看護師として、悲嘆は程々に、

しっかり受けとめ精進を重ねたいと思いますカメかたつむり

私は移植後10年に向かうという時間キラキラを頂けた分なのか…

今死ぬのは怖いです。
でも、もういいかなクローバーと思うこともしばしばです。

 

死を受け入れていないとは言えないけれど、

受け入れているとも言い切れない、

別にそんなことはどうでもいい、
(今の)私にとって

あえて言う「死の受容」とは、そういうものなんだと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

2/3(土) 4(日)  日本がん看護学会に参加しました。

がんと就労のセッションにて、
数年前からファンの桜井なおみさんのお話で泣きそうになりました。

クリップ がん経験者が患者の「働く」を応援 起業に至った切実な背景

クリップ 一般社団法人CSRプロジェクト

クリップ キャンサーソリューションズ株式会社

がんの就労支援において看護師に何ができるか。
看護の基本を全うしてほしい

 

ML_SN3S58130001.jpg

梅よりよい支持療法の提供は生活,人生支援の基本です。


梅「ボール」は投げられるのを待っているのではなく
受け取りにいくか自分から投げてみます
時にはずすこともありますが…。


梅医療者があてにならないなら、患者力上げていくしかないと思っています…ちょっと違うか、
セルフケアへのサポートは昔からの基本ですが、
おまかせ医療と言う昔よりは…

現状(のニーズ)に合っていない医療点数などの仕組みで

病院が色々な面で厳しい状態ということもあり…

その強化が必要な時代になりました。

続いて近藤明美さんのお話で、

クリップ がんと暮らしを考える会

クリップ 近藤社会保険労務士事務所
何回か少しずつ違う内容のお話を拝聴していますが、
桜井さんのお話の具体的発展版として、
学び直すことが出来た様に思います。

外来で業務だけにしか見えない様な日々の中にいて、
看護におけるプロフェッショナルって何だろう」
とずっとグルグルしていました。

別のセッションにて
がん研有明の濱口恵子さんのお話で、
「専門・認定看護師に偏った弊害」などと言うお言葉を聴きました。

よりプロフェッショナルである位置づけが、
現状の致し方無い仕組も含め「業務」しか出来ない,しない
外来一般看護師の「看護」を受けていて、
看護師としてフツウのことが
どんどん特別なことになっている気がしていた
自分の気持ちに沁みました。

(緩和ケアも、「がん・非がんに関わらずベースにあるもの」

とか言っていても、
良かれとした診療報酬への反映の始まりから、
どんどん特別なものになっていっている気がしています…。)

業務の中に看護はある」と言うお言葉も沁みました。
単なる業務で終わるか看護にするかは、
各々のプロ意識だと思っています。

 

私は、一般の看護師だってもっとデキルはずだと思っています。

「大切なことは全部幼稚園で教わっただろ」とか、
江口洋介さんが昔テレビドラマで言っていましたが、


自分が看護学校で調教されたにひひ基本、
新人時代ヒヨコに得たものは、
時に同級生ハートや先輩方ハート ピンクに(愛を持って)笑われながらも
これからも私の中で
様々な肉付けを重ね生きていく星


私は私で
私の一部は今のコレでいいんだ~だるまさんがと思えました。
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

アドバイス出来る様な人間ではないので…イヒ

白血病になる前、

遥か昔20代半ばで腰痛+坐骨神経痛で

流れ星であった緩和ケア病棟勤務を離れなければならなくなり、

その後、回復どころか神経ブロックで医療ミスドクロも受けて

後遺症にも悩むことになりました。


元々やりたいことしか出来ない,したくない我儘人間DASH!で、

生きて行く為だけの仕事の選択は出来ないタイプです。

それまでがんしか知らなかったので、一般を知るのと、

痛みの治療の為もあって

日勤でもお給料がよい所…民間中小規模施設を選んだら、

様々な(私にとっては)耐えがたいガーンあせる

ゲンジツを目の当たりにしましたダウン

それがよくあり得るゲンジツと腑に落ちたのは、

ずっとオバサンになってからで、

「こんな酷い施設はここだけだ、他は大丈夫なはずだ。」と

転職を繰り返す転んだ転んだ転んだ流れになりました。

 

そのうち、内視鏡に興味がわきニコニコ

内視鏡に確実に配属になる病院を、

直接電話携帯して尋ねることもして探し、それを果たしました。
そんな中、白血病になりました。

約6年のブランク後、

アルバイト~パートで復職流れ星しましたが、

余生はやっぱり少しでもがんに関連した看護ハートに就きたいと、

又、患者として感じたモヤモヤくも。傘雷の意味づけをしたいと、

中小規模施設にありがちな

医療や安全のレベルの低さにはもう悩みたくないと、

名の知れた様な星大きな施設を選んで来ました。

面接時の話と違うことはやはり多々あって、

充てられた仕事がハードなこともあって

体調が整わず休みが重なって辞めるしかなくなったり、

人間ドックの配属から診療部門に行けなかったり、

苛め~パワハラ雷を受けたり、色々ありましたあせる


サバイバーとしての脆さに元来の自分の弱さヒヨコもあって、

振り返れば、もうちょっとマシな対応が出来たかも…うーん

と思う部分もあります。

やりたいことと出来ることは違うハート

妥協出来ることは何かハート譲れないことは何かハート

 

与えてもらえるものプレゼントは何かも大切ですが、

オババになって白血病になってからは、

自分が何を職場に提供出来るのかハート

確実に果たせることは何かハートと言う視点も加味しています。

今回の私の妥協は時給¥です。
今で我慢出来れば今の方がずっといいのですが、

名前の割にははてなマークの組織の体制や

自分が愚痴ぼけーを言い続けている

ケモ認定看護師トランプクローバーのあり方が

患者としても不調になるくらいイヤなので、

それが少ない可能性の感じられる施設を選びました。

マイナス思考しょぼんの強い私は又愚痴メラメラは出るのだと思います。

そして新たなストレス台風が出てくるでしょう。

 

何だったらどうだったら自分は頑張れるしゃがんだしゃがんだしゃがんだのかと

考えておくのも大切にしていますハート
最近はより一層、自分を整えておくことが大切だと思っていますハート


知識や技術で出来るだけ引け目を感じないで居られる様に勉強し、

セルフケアに努めかめ

避けられない苛めの対応策や

コミュニケーション力を高められる勉強はしています。

かなりの長文で失礼致しましたが、

こんな気持ちで私の今Pomu太陽があります。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。