コロナのため臨床実習無く看護師になる学生さんの不安の記事を読みました① | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

こういう時代バイキンくんになってしまったのだから、
学校も現場も看護教育の変化が必要だと思います。

ヒヨコは、准看護師養成教育や准看からの正看護師養成教育は知りません。

3年制の看護専門学校は、昔と違って、
学生は患者さんチューリップオレンジ相手に手技提供不可のカリキュラム、
入職後に即戦力は当然求められません。
 
入職後1年、施設病院によっては2.3年かけてとりあえずの一人前(1人立ち)にするのが現状です。
ですので、実務的技術面は心配ないです。

現場病院としては、実習が無くても、
看護展開の基礎、疾患とその看護の基礎は、ある程度獲得出来ていて欲しいですし、
その方が自分も楽だと思います。(私ヒヨコはコレが不十分だった…。)

現場の空気を実際に知ること、
特に患者さんチューリップオレンジとの実際のコミュニケーションの学び、
その中でじっくり患者さんチューリップオレンジご家族チューリップ紫の全体像を掴んで看護ハートを展開すること、
臨床指導看護師さんや学校教師に丁寧に評価を受けること、
そこから自分の進みたい方面虹を知ること、
そのために実習は貴重だとは思います。

一部トラウマとなる実に苦しい血ヘド吐く様な看護学生時代でしたえーん
でも、受け持ち患者さんチューリップオレンジから頂いた素人ならではの実感は、30年後も私ヒヨコの大切な一部です。
それが無いのは、とても残念なことだとは思います。
 
現場病院の特に古い看護師は、現状の看護教育や学生の実態(特に弱さ,脆さ)に合わせて、
自身も変化しなければならないと思います。
苦しく辛くも愛おしい思い出にひたりつつもウシシ
「現在」に合わせることが、患者さんチューリップオレンジご家族チューリップ紫のため、自身のためにもつながると思います。