私が向くべき方向は、意地悪看護師ではなく患者さんとご家族なんだけれど。 | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

今回の病院病院は、これまでより時給¥200円ダウン~日給¥2000円ダウンです。

経験年数の加算無し、昇給絶対無しです。

ここまではしかたない、自業自得ヒヨコあせるもあり、今期化学療法室をやらせてもらえる病院が結局ここ病院しかなかったんだから。

 

○○○○という人事評価システムに、常勤と全く同じように、年間目標に半年毎の自己評価もしなければなりません。

ちなみに、課題も常勤と差無しです。

 

単純な愚痴ですが…。

これまでは有り得なかったのですが、

常勤は、時間内に終わらないと分かっている患者さんチューリップオレンジのことをパートに(無給で)やらせて定時に帰ったり、

(仕方ない部分があったとしても,言葉がけ一つ無く)昼休みも14時過ぎにすることが多かったりします。

 

評価者の主任さんクマも師長さんしし座も、私ヒヨコと同じ現場には居ません。

それで評価するって、

既にお馴染みぶー30代前半感情の起伏激しい波化学療法認定看護師ウサギと、

サブリーダー的な40代看護師にゃー(スタッフに自分の子どもへと同様と思われる言葉遣いをするタイプ)に

ヒヨコの事を聞いて行っているんだよなと思いました。

 

改めて考えたら、こんな評価の良し悪しなんて気にする必要は無いんだけど、

事実と違う認識をされるのも、こういう評価方法も、単純に腹立たしい部分もありぶー以下の手紙を評価者しし座クマに渡す事にしました。

 

 

○○○○の評価ありがとうございました。
予測していた面談の機会がございませんでしたので、書面でお伝えさせて頂きます。

ウサギむかっさんの対応について苦痛が重なり、疲弊しています。
院内のカウンセリングや、この度発足したパワハラ委員会に相談する事も頭をよぎっています。


これまで、若い頃から多々厳しい指導と言うイジメに合い、

又、一時期熱中した内視鏡看護における業務改善を重ねる中で、

こういうものでは、上司に相談することが必須とされるのが殆どでしたので、この書面としました。
更に、こういうものでは、苦しくて助けを求める当人の内省を促されるだけで終わる時もあり、逆に傷つくだけで終わったことが思い出されます。

先日、内科のブタむかっさんとの電話対応時、患者さんチューリップオレンジの件で普通の対話がどうしても困難だった為、

あえてブタむかっさんと同じテンションに合わせつつ、言葉は乱れない様にし、対応しました。
それでも、予定以上に大きな声で感情的になってしまったことは反省していますヒヨコ汗

この件をきっかけに、自分ヒヨコの中の我慢に限界を感じ、

転職者のゴールデンキラキラルールと言われる「3か月は黙っている」という期間も過ぎましたので、

患者さんチューリップオレンジの前で感情をのせて注意をしてくるにゃーむかっさんに手紙をお渡ししました。

冷静な対話をもつことが叶い、感謝クローバーしております。
自分ヒヨコ自身の様々な課題には、これからも努力していくつもりです。

ウサギむかっさんには、こういう対応策では、私ヒヨコの苦痛は軽減されないと感じています。恐怖を感じています叫び
立場は上でも若いチューリップ赤人の言動に対し、寛大な部分を持つことを、50代となり自分ヒヨコの課題とはしています。

人のいいところも見る様に、相手の立場を想像する様に、長年努め続けて来ました。


何が起きているのかは私ヒヨコの仕事日記に記載してありますが、ここでは示しきれません。
根本は経験してきたことの違いだと思っています。


当院には当院のやり方があり、スタッフである以上それに従う責務があることは、勿論理解しています。
いい意味で仕方無いと思える範囲の違いが、ウサギむかっさんの不機嫌や怒りやののしりになっているのだと思います。

新しい方が入り、万が一、もしも、私ヒヨコと同じこの様な種類の現場に会ったならば、患者さんチューリップオレンジの目も配慮しつつフォローしたいと考えています。

ご多忙中恐れ入りますが、来年牛でも構いませんので、

10~15分程度の面談の時間を設けて頂けないでしょうか。

将来的には、可能でしたら、四者面談希望の気持ちもあります。


ヒヨコの願いは、ウサギむかっさんとは、仕事上余計な感情的発言無く、必要な事のみ話し合える関係です。

 

 

薬剤のことは患者さんチューリップオレンジに話さないドンッなど、私ヒヨコに数々キレた30代前半看護師ブタネコは、子ブタネコのためお休みに入りましたニコニコ

化学療法の経験は多少ありそうだけれど、ご希望ラブラブではなくダウン配属となった、私ヒヨコよりずっと若い看護師さん方が来ました。

 

ヒヨコにとって、優しい風晴れが吹いて欲しいです流れ星

化学療法看護ハートにたけている看護師さん星が身近にいたらなあ虹