善きことはカタツムリの速度で動く byガンジー | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

ここでぼやいていた当院化学療法に関する辛さ(誤り)を、「お願いもしくは提案」として書面にして、化学療法認定看護師ウサギに渡しました。
狙って、月一度の化学療法委員会日。
「検討をお願い致します」と訂正させられ、すごいキレられましたドンッウサギドンッ
 
でも、この2日後に美しくはないウサギ手書きのお返事を説明と共に頂きました。
その間、私は、資料検索と抗がん剤曝露対策マニュアル本の見直しをしていました。
追加提示作戦の資料作成です。
 
現在の勤務先は国指定レベルのがん診療連携拠点病院病院ですが、基本である全レジメンの抗がん剤wash outの生理食塩液の点滴は、なんとキラキラすぐには徹底出来ないそうです。
早急にやる気も無い様子でした。
がん薬物療法認定薬剤師恐竜くんも基本を徹底する認識もやる気もありません。
基本禁忌禁止である、分子標的薬でのプライミング(点滴のラインを満たす事)は止めてくれるらしいです。
 
前職のがん薬物療法認定薬剤師さん方への恋しさがつのりました。人間性も素晴らしく、とても頼りになりました。年齢も近かった…。
認定薬剤師さんも看護師と同じ、プロ星としての責務・情熱とか人間性とか様々なんだな…若さチューリップ赤や教育環境もあるのかなぁ…。
 
今回の採用面接時に、看護部長と外来師長しし座に、「こまめさんヒヨコの気づきを話してもらって生かして欲しい」と言われていました。
院内病院には「業務改善提案ポスト」なるものもあります。
もちろん、所詮カタチだけだとは感じでいます。(投函したらひんしゅくを買うらしいです、やっぱり。)
 
又、絶対昇給無しで、キャリア無関係一律時給ドクロですが、常勤と同じ人事評価システムに目標から記載しなければなりません。
私はその1つに、「今年度3つ提案すること」を上げ、外来リーダークマOKを頂いています。
 
バカバカしいと思う気持ちがありますが、「患者さんチューリップオレンジ軸の改善」「看護師ハートとしての基本的な正しさの実践」に利用させて頂くつもりです。
 
下差し私が大好きなアランジアロンゾさんドキドキウオですラブ
仕事用ノート(日記含む)に挿んで、癒やし虹にしていますニコラブラブ