”死の受容のおしつけ…” | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~
新型コロナウイルスに関する情報について

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

20代半ば、緩和ケア病棟勤務で、

ヒヨコは言葉に表わせない違和感を抱き続けていました。

 

このため、この時代もイジメドンッられていました。

(後から異動して来た看護学校の同期ドキドキが、

明らかにイジメドンッだと言って、よくやれているねあせると驚いて、

陰ながら支えてくれました。)

 

あなたヒヨコが私達の言っていることを理解出来ないのと同じ様に、

私達はあなたヒヨコを理解出来ない、と

師長さん(移植病院入院当時の看護部長)星

言われていました。

 

自分ヒヨコが白血病を得たことで、

当時の医療者の方々星との復縁リボンに繋がり、

この長年の宿題を解くことが出来ました。

 

人生最大の悔いとなりえたことの一つを

減らせることになると共に、

精神腫瘍科のトップの方星に共感も得られて、

支持して頂いて、感謝ですクローバー

 

これだけでも、自分ヒヨコが生かされたことに

意味があった様に思えます。

今はもう…。

 

スマホだとリブログされていませんでしたぶーはてなマーク

https://ameblo.jp/6906-0805all-isdsck/entry-12137443438.html