必要性で考えてもらえませんか | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

外来化学療法室では、

リウマチ科などでの生物学的製剤の投与も行います。

 

点滴治療の前には、おおよそ血液検査を要します。

前日のオーダーチェックサーチにてこれが抜けていました。

その日私ヒヨコはリウマチ科外来担当で、

患者さんチューリップオレンジからご指摘頂きました。

 

そこにいた関係する看護師ら三毛猫馬に確認したら、

出たーーーぶー

「私は教わっていませんビックリマーク

「私は教わっていないから!!

 

ヒヨコ頭で吟味するより、先に口から出た。

「必要性で考えても大切なことではありませんか。」

 

長年複数科と兼務する

30代後半~50代常勤&パート看護師星を含めた中で、

こんなダウンヒヨコ

今この部屋で一番化学療法について詳しいらしいのですが、

ヒヨコは追い出され、

化学療法はあまり分からない上に

勉強しないテケトー(適当)な常勤星NEWが増えていく予定です。

 

マニュアルを大幅に加筆し改定を進めていくタイミングとなっています。

マニュアル内容にも留意注意する必要があり、

そこをお話させて頂きました。

 

このこと自体は些細なことなんですが、

自分ヒヨコの思いや我慢が堪ってきていることを改めて実感しました。

 

何にしろ私ヒヨコが欲しいのは、

熱いですねとか勉強になりますとかではなくて、

看護師星として考えて、患者さんチューリップオレンジやご家族チューリップ紫のことを考えて、

ヒヨコの言葉への心からの「そうですよね」

心からのというのは、自分も同様に実践しようという気持ちのこと。

 

勉強しません、カンファレンス出来ません、

カルテ読みません,読めません、

何でもかんでも無理、しょうがないではなくて、

必要性で考えるということ。

 

看護星ではなく業務しかやってこなかったら、難しいんでしょうかね。

ある意味幸せだよなと思います。