骨髄移植後丸十年 ありがとうございます! | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:
骨髄バンクのドナーさんキラキラより
究極の優しさクローバーを頂いてから、
今月丸十年虹を迎えることが出来ました。
 
支えて頂いた皆様ドキドキへ感謝クローバーに尽きません。
ありがとうございますクローバー
 
実際でもネットでも、
沢山の患者仲間ほしほしの支えハートを頂いて参りましたが、
ヒヨコの周りの8割くらいの方々ほし
天に召されています。
 
私のラン走る人は祈りの時流れ星でもあります。
これからも祈り流れ星を捧げ、
又自分ヒヨコの力としていきますしゃがんだDASH!
 
「(患者経験によって)
患者さんほしの気持ちが分かる看護師さん看護師だよね、
患者さんほしもそういう人がいたら嬉しいよね。」などと
幾度となく
非医療者,非患者さん方よりお言葉を頂きました。
 
一方、現場では…
特に外来でパート勤務であると、
そういうものは同業者看護師医師からは求められません。
ヒヨコの経験に関心もありません。
 
看護ハートは技術です。
もちろん、気持ちハートは大切ですが、
全てプロ星としての技術ハートです。
患者経験が無くても、
それの有る無しに関わらず
患者さんほしの気持ちが(十分には)分からないとしても、
必要な看護ハートが提供出来ればいいのです。
 
色々傘色々雷色々雪悩んで来ましたが、
一看護師の患者経験としては、
一患者として、
痛みや様々な苦痛や不安の、
実感や感覚を一症例として得ただけなんだ…
ということに着地しました。
 
患者自らが
自分の様々な苦痛の軽減と
生活の彩りを獲得していく術を、
一個人ヒヨコとして、
皆様ドキドキのおかげで模索・経験出来たことは、
この上なく大きなことだと感じておりますPomu太陽
 
約6年、就業不可という時間を頂いて、
自らヒヨコ様々な場所に向かい、
新たな皆様はあとはあとはあととのつながりも出来て
継続頂いていること、
大きな喜びと励みと力ですだるまさんが音譜
 
これからも「転んでもただでは起きない
一症例で生き抜く」をモットーにウシシ
ビンクリスチンで今だ痺れる手足の感覚と共に、
看護師看護師としても進んで参りますかたつむり
 
これからも、よろしくお願い致します梅
 
 
…Facebookパソコンへの投稿とほぼ同じものですが、
加筆したいところが出て来ましたひらめき電球
次回以降、記して行きたいと思います。
 
 
 
 
 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス