22〜49才-白血病でのブランク約6年

色々な看護師看護師やって

沢山驚きアセアセショックしょんぼり笑い泣きガーンえー?うーんイラッムキーッあったけど

優先順位が真逆みたいなのはここで初めてチーン汗


こうやって生きておわっていくんだな 私は。

 

第一線病院一本でやって来られた方々看護師医師には、

きっと全く分からないだろう現場病院も多々見て来ました。


全ては自分が選んだ結果リボンで、

当時の悩みも苦しみも喜びも、

今に生きているとは思っていますハート


病院,医院は本当にピンアップキリダウンキリダウンキリダウンダウンダウン

それに本当に気づくひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球のに

若いわかば私は長い年数を費やしてしまいました。

せめて基本ライン晴れはまともなところで働きたいと、

白血病復職後は切望流れ星流れ星流れ星して来ました。


でも、

変に目が肥えてしまった…と言うか、

変な感受性が鋭敏になってしまった様な

自分の自業自得もあって、

なかなか解放されないみたいな現実。


まともそうな母体病院を選びましたが、

復職後、

場を求める度に問題点はレベルダウンダウンみたいな…転んだ転んだ転んだ

白衣しおどきなんだろうな。

 

病や障がいを得た立場から見える景色虹は、

そうでは無い方々と違って当然と言われる。


そもそも、人は皆違って当然と言われる。

それと同じ様に、

その施設病院しか知らない方々看護師医師は、

他の目線も視野も方法も

時に観念・概念すらも

知らないし分からない。


本当は、

学び,教育本と言うものがある訳で、

今は昔よりガイドラインなるものも基本として充実Pomu太陽しているし、

昔より簡単に色々現実的なことも調べられるパソコン携帯けれど、

そもそもそもそも

関心ラブラブが無いから

何も手段が無いのと同じ現実。

 

その限られた現場で教わった通りにやる。

それだけ。それが全て。

研修受けても追加の資格取得の勉強しても

その場限り。

自分で疑問を感じたりして

調べたり展開したりしない。

何も始まらない。

復職してから感じてる、面白すぎるゲンジツニヤニヤ

看護師+内視鏡技師って 6名いるって言うけど、

それでこの状態ってなんなの!?!?!?

馬鹿にしている私ヒヨコより、

よっぽどオカシイじゃないのウシシなんて。


さて、そこで私ヒヨコは何を選択するか…。


理論や根拠を持って、

ここの教育本の一歩かたつむりとなる旅を始めるのも一手。

ここで馬鹿なズレた人間とみなされたまま、

傍観者でいて、

ただお金¥もらうのも一手。

 

どちらも今の自分には厳しい転んだあせる