自ら助けを求める力+センス(勘)があったらなおのこと善しかと | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

前々回の続きみたいなことです。

 

看護師看護師として、

患者さんほしご家族ほし

顕在的・潜在的ニーズハートを把握することが

当然ながら必須Pomu太陽で大切にして来たつもりです。

(学生時代に書いた看護観から変わっていません。)

 

もちろん、パーフェクト合格には行きませんし、

日々の業務だけで精一杯であせるあせるあせる

流されることも多々あります。

 

患者ほしになって、

それから、復職先は、

名の通る様なキラキラ施設病院の外来を選んで、

劣等生の私ヒヨコが大切クローバーにして来たことは、

皆が大切クローバーにしていると思っていましたが、

そうではないのが現実としてあるのだ、

それも、大きく,大部分とも言えて、と実感しました。

 

患者ほしとして、

看護師さん看護師に業務+α的なこと(私の感覚)で

感激ラブラブしたところもありましたが、

全人的ケアハートとしての精神的・社会的な部分は特に

やっぱりどうしても不足してしまう…

これはどう見ても、しかたない一面です。

 

心がけと言うか、こういう看護観の有無で、

看護師看護師各々の

日常的な患者さんほし対応ハート

変わるのではないかと思っています。

 

又、家族ほしは第二の患者とも言われますが、

家族ほしケアハートは必須です。

学生時代に立てた看護計画でも必ず入れていましたよー。

 

多忙なゲンジツ、

大きなことはなかなか難しいとしても、

たとえ微々たる様な挨拶一つにしても、

家族ほしケアハートなのだと、患者家族ほしとしても実感しています。

 

ヒヨコの母に対する、

ヒヨコの入院中における

看護師さん看護師の声掛けは

全くと言える程無かったそうです。

 

化学療法計約7か月入院、

骨髄移植入院約7か月入院です。

 

挨拶や労いは多少あったのではないかと思うのですが、

父の入院のそれと比較して

母には、

少なくとも心を癒すものハートとして認識されていませんでした。

 

ヒヨコ障害年金の時のMSWさんの対応も、

移植後フォローアップ外来の看護師さん看護師の対応も、

私と同じゴール星(=申請完了)を見据えた対応では無く、

劣等生看護師の私ヒヨコから見て、半端なものでした。

 

劣等生看護師ヒヨコだから感じたことなのでしょうかはてなマーク

 

担当看護師さん看護師が入院中は決まりますよね。

ヒヨコにもいましたが、

移植入院7か月間では、

その看護師さん看護師の担当日&話したのは計3日でしたぼけー汗

 

担当変えるとかね、何かやりようあったんじゃないのって

思うんですよね。

看護計画の評価ってどうやってたのって。

 

まーどうアセスメントしてたかとか

何となく察しはつきますがねー汗

 

劣等生ヒヨコだから思うことなのでしょうかはてなマーク

 

継続して私ヒヨコのブログを熟読(笑)して頂いている方には

記憶に新しい(はてなマーク

化学療法認定看護師さんトランプクローバーの熱量の低さダウンですが、

化学療法における

先を見据えた虹身体的ケアの認識、

感じられませんでしたショック

 

ご家族ほしとのコミュニケーションや、

様々な環境調整も

劣等生看護師の私ヒヨコからみて、

積極的では無かった。

 

「誰しも訪れる」死までの道のりを看て、

今この患者さんがいる位置を考え、

この先めぐってくるかもしれない困難や苦痛を看ることを、

考え過ぎと言って笑ってトランプクローバー

対話も成立しなかった

認定看護師さんトランプクローバーがいるんですよね…。

 

一方、

勉強会の類に行けば、

思わず唸る様な

素晴らしいだるまさんがと感じる看護師さん方看護師もいる。

もちろん、その方々の日常を見てはいない訳ですが。

 

患者ほし家族ほしから求めないと、

欲しいことドキドキは手に入らないゲンジツがあります。

 

程度こそ違えど、

看護師看護師

患者ほし家族ほしについて見えていないことばかりです。

(当然,自然なこととしても。)

求めても応えられない看護師看護師もいます。

 

応えられる看護師看護師

もしくは医療者を探すことは、

長い入院生活では、特に必須だと言えるでしょう。

 

手を差し出した時にその手を取ってくれる看護師看護師は、

きっと必ずいます。

 

ダメだったら、院内~院外~と探しましょうしゃがんだだるまさんが

求めましょうしゃがんだだるまさんが

 

患者ほしの自分は、失ったものが沢山ある転んだ転んだ転んだ

体力も気力も無い転んだ転んだ転んだ

それでも自らほし助けを求めなければならないのが、

一つのゲンジツだと、私ヒヨコは実感しています。

 

それは悲劇えーんかもしれませんが、

自らが自らを整えていく、

そのプロセスや

一つ一つの問題(解決)のゴール星には

一つの喜びPomu太陽や楽しさ音譜も含んでいる様な気もします。

 

失ったもの転んだ転んだ転んだしか見えない時期もあります。

それは、繰り返し来るかもしれません。

それはそれでいいんです。

否定することはないんです。

でもそこがゴール星ではない。

 

人は誰にでも、自ら幸せクローバーに向かう力キラキラがある。

 

看護師看護師としては、

そういう力キラキラを信じつつ、

そうなれないものを可能な限り排除して、支え、

時に導くことが責務ですハート

そうは思いませんかはてなマークはてなマークはてなマーク

 

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス