10年前からお世話になっている患者会 | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

3月チューリップ赤チューリップ黄チューリップピンクからずっと腰痛メラメラが酷くて

参加出来なかった

ハート7某血液がん患者会ハート7に、

久し振りに出席しました。


お世話人「あ」さんコスモス

今回もありがとうございましたクローバー

以前ご一緒した大学生の患者さんほしのお母様ほしに、

感謝のお言葉を頂きましたクローバー
何が響いてくださったのか(スミマセン…)分かりませんが、
子を持つ母のお気持ちに、
子も夫もいないオババ

なんちゃって看護師

サバイバーの言葉が届いて頂いたこと、
この上なく光栄に感じ虹

感謝の気持ちでおりますクローバー

移植後9年7か月となって、

まさに闘いの真っ只中のことはとても遠いものとなりましたが、
時々思い出し、

それをお話することで、
今立ち向かっている最中の方々ほしほしにとって

「がんばろうというお気持ちへの一歩だるまさんが

に繋がる様な

手応えの様なモノハートは、
この私にとっては、

幸せの一つのカタチだと実感しておりますクローバー

最中のことを思い出すのは、

患者ほしとしても、

看護師看護師としても、

今だ辛く汗汗汗感じる部分もありますが、
こういう時星を持つことは、

「生きちゃっている」「生かされている」者流れ星にとっては

大切でもある様に

ヒヨコは感じます。

これからも「一症例を生き抜く」覚悟でいますにやり星

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス