忘れないでいることとこれからの未来に生かすこと | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

3.11

本当は、私のドナーさんキラキラ縁の地 名古屋名古屋城にて、

移植後10年に向けて感謝の想いでクローバー

ハーフ走る人DASH!を走り抜ける予定でした。

 

家で、昼間の震災の特番テレビを見て、

胸が苦しくなりました。

 

忘れないでいることと、これからの未来に生かすこと、
言葉にすれば見事に軽いですが、

これも一つの現実なんだと思います。

 

本当に申し訳ないのですが、

サバイバーズ・ギルトの辛さは

どうしても自分と重ねてしまいます。
だから、当然私とは比べものにはならないその辛さに

胸が苦しくなります。

経験をしてしまったからこその想いの隙間に、

温かい笑顔Pomu太陽が満ちることを

ただただ祈っています星

 

経験を未来に生かすこと、

ステージは異なっていたとしても

それに誠実でありたいと思いましたハート

 

クリップ サイコロジカル・ファーストエイド 兵庫県こころのケアセンター

 

クリップ サバイバーズ・ギルト…被災者にかけるべき言葉とは All About

 

 

追記桜

看護部長さん王冠1からの電話携帯は、

3/21までの病休終了(見込み) 2日前の

3/19に当院に来てください,

手紙(先日のブログにあり)読みました、とだけ。

やはり謝罪の言葉はありませんでした。

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス