しがみつく理由 | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

今回のエピソードメラメラ

昔だったら、腰痛出て爆弾動けなくなったところで

とっくに辞めていたと思いますぼけー

 

一番初めの電話相談携帯で労働局の方チューリップ赤がおっしゃった様に、

安全配慮義務も果たせない、果たそうとしない、

自分について開示・説明を行っていても、

こう言う命令や対応をする

自分本位の様な上司王冠1の元では働かない方がいいだるまさんが

と言う思いはやはりあります。

 

色々多々病院・医院を変わって来て、

ザックリこう言うダウンレベルの事は、

場所場所で何かしらあったと思い返していますうーん汗

何処病院に行っても同じ。

転職活動の筋肉活力が今は無いって言うか…

正直どうしようっかなってカンジ。

 

「内視鏡だけやらせようと思っていた。救外にもそう話していた。」

今更と感じるお話を

3/5のお電話携帯で看護部長様王冠1より頂いています。

 

このまま無事はてなマークお話が進んだとして、

 

お昼休みおにぎりも満足に取れない、取れる様にも出来ないらしい、

そもそも私ヒヨコとしては職員の定数に問題を感じたし、

メンバー看護師の表情も明るさたいよう。に乏しいダウン様に感じ、

パートに対して残業に遠慮のない内視鏡室で、

 

果たして今の自分ヒヨコは出来るのだろうかはてなマークと思っています。

 

ですが、消化器内科の医師医師には、

わるくは無さそうだなと感じていますニコ

 

変なトップ王冠1でも、現場さえ良ければ合格いいかもしれない。

 

騒ぎメラメラみたいになり、

腰痛に関しての保証ハートさえ得られれば、

辞めようかと思っていました。

 

そういう一種ズルい狐お面の、どうなのかなって感じもする。

看護師看護師は看護ハートで勝負なので、

看護力ハートで見返したい気持ちもありますだるまさんが

 

労災申請におけるイザコザ転んだの勉強しゃがんだが出来たことは、

これまた一つ、私にとっては良かっただるまさんが

 

今の自分ヒヨコにとって

非常に不本意な検査部門での仕事でも、

何かしら得られるものはあるだろうし、

化学療法の患者さんほしご家族ほしへの看護ハートにも

繋がることがあるだろうと信じていますしゃがんだ

 

明日、看護部長様王冠1からお電話を頂けるそうです。

解雇って言われるのかしら。

 

言葉遣いは乱れませんでしたが、

結構な勢いで正論責めしたのでロケットロケットロケット

それもアリだな。

 

この院内にいらっしゃる

私の化学療法元外来主治医星には、

現状をさらりと、FBのメッセージを使ってお伝えしてあります。

ただ静かに見守って頂くだけでも有難いことですクローバー

 

 

追記桜 ようやく労災の書類を送って頂き、手元に届きました。

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス