安静時の痛み,痺れは少しよくなりました | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

転職3日目。

 

腰痛メラメラ~下肢痺れメラメラ痛みメラメラあり、トイレ歩行もやっとであり、

とりあえず自分の定休日の水曜日まで休みますと

救外師長さんスペードに電話で言いました携帯

 

今回は、本当に必要な以外、謝らないし恐縮もしませんしゃがんだDASH!DASH!DASH!

 

勤務病院地区担当の労働基準監督署にも

改めて相談しました携帯

 

桜採用面接時からこれまでの私の言動に不備はない。

桜配属先については詳細の説明を求め、今後の配慮の有無を確認。

 

桜損害賠償を求めるか。

桜何を求めるか。

右矢印配慮(適切な異動)と謝罪(看護部長さま王冠1からなんか絶対無いと思うけど)。

右矢印私から退職を言うのは最後の手段。向こうから退職を言うのは許さない、結果的に退職だと思うが労基を入れて対処する。
 

桜労働局の担当部で、個人的問題の範疇の仲介は出来るが、

法的なものではない。

桜労働基準監督署としては、病院に対し、広い視野での安全配慮義務の確認や教育的指導が出来るかもしれない。

 

労災申請において、

勤務病院に連絡しましたが、すぐに対応・説明できません…転んだ

 

パート看護師一人の人生 がんサバイバーほし一人の人生

もしも、なめてネコ頂いているのだとしたら…

どうなんでしょうね、

対人援助職のプロである看護師看護師として。

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス