返却その3~フィニッシュ。 | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

昨年7月朝顔より胸苦しく、

身体も心もこわばった中、

時々足を止めながら転んだでしたがフィニッシュしましただるまさんが

 

何がそんなにイヤだったのかと振り返ると、

当院の化学療法認定看護師さんトランプクローバー

いのちに向き合う患者さんほしご家族ほしとその人生に、

プロ星として上乗せの教育を受けているにも関わらず、

相手軸の目線に乏しく、

自分軸の思考と感覚(快/不快)がベースと感じられる、

「その日暮らし」的な日々の対応だったところだと思います。

 

「やっぱり、全人的ケアですかぁ~イヒニヤニヤ」

つい先日、

超一流大学病院の看護師さん看護師の高い知識・技術力について

スタッフと話していた際の

あのバカにした様な表情は一発蹴りを入れたかったDASH!

 

最近、「私トランプクローバー、(仕事から)逃げているんです…。」

などと数回言ってくることがあったり、

新旧の資料がぐちゃぐちゃな戸棚を片付け始めたりしていました。

 

私のカウンセリングの先生ほしとも

「変化ですね~」と分かち合いしていましたが、

この返却エピソードで、

私の思いは振り出しに戻りました。

 

自分が患者になって痛感したことは、

患者さん,ご家族の様々な面において、

「よりよい状態」(への可能性)を閉ざさない看護師でありたい

と言うことです。

 

どうしても仕方ない場合も現実としてありますが、

極力、患者さんほしご家族ほしの「害」にはなりたくないと思いました。

 

妨げの根本が、

看護師看護師の個人的な感情や思いだったら

私としては最悪です。

 

前職の

化学療法認定看護師兼外科病棟師長さん(けっこう年下)にも、

ちょっとズレている汗と感じたこと

(がんと就労の件など)がありましたが、

指摘後に内省する姿勢はありました。

 

明日からの職場では、

ここまでブロ星意識が欠けた認定さんには会わないことを、

まずは患者として願っています流れ星

 

mini_180226_1510000100010001.jpg

 

作成したファイル、外来師長さん星に託しました。

トランプクローバーさん、最後の最後に「ファイルください。」って言ってきましたが。

師長さん星イヤイヤだったかなぁうーんはてなマーク

 

外来師長さん星 トランプクローバーさん それぞれにお手紙を残しました。

当院の患者さんほしご家族ほしによりよい看護の提供を虹

 

 

追記ラブラブ 

私の看護に共感して頂いたスタッフの方々クマメガネハートに感謝ですクローバー

最後に共感を知ることが出来て有難く思いますクローバー

皆様にも幸あれ四つ葉とお祈りしております流れ星

 

 

 

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。