しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

毎度

ケモ(=化学療法)認定看護師トランプクローバーのタンパクさに

気持ちが揺れますえー?

ハロウィン「介入出来ないことは聴いてもしょうがない。
聴いたら何か出来るんですか!?
と味覚障害について。

ハロウィンある患者さんは便秘を問題視しておらず、
看護師「体調いかがですか」右矢印「変わりありません」でずっと来ていた。
右矢印実は薬剤コントロールの必要性があった。

ハロウィン私が30分かけて話を聴いていると思い込んで指摘して来て、
時間かけ過ぎと注意注意その価値があるのかと言って来た。
 

今回は私の考えを返したにわとりあせる


過去に一度でも、

プロ看護師として見通しを踏まえた上で問題点を探りサーチ
アセスメント・プランしていれば、
その後は継続で看られて時間はそうかからない。

日常生活の問題を項目毎…せめて食事ナイフとフォーク排泄うんちくん睡眠ぐぅぐぅ
+使用薬剤による副作用症状を聴くことは(私の)基本。
過去の職場でもそうだった。

解決が難しい問題台風
例えば味覚障害も、把握して変化を追うことは必要。
それに、少しでも過ごし易く太陽工夫点をお伝えして

一緒に考えることこそ看護虹

トランプクローバー「考え方が違うんですねドンッ
「こまめさんのその反応、私、辛いですむかっ
とケモ認定看護師に返されて終わり。

過去も少しあったが、
発展的なハロウィン話し合いハロウィンと言うものが展開出来ない。

昨日のハーフ走る人で気持ち前向きになれてアップ
頑張ろうビックリマークと思っていたけど…やっぱりホント嫌だなぁダウン

この人トランプクローバー勿論変わらないし、
これでは、
ケモ室看護のスタンスもビジョンも変わらない…。

認定看護師トランプクローバー以外の常勤看護師看護師

化学療法看護をしっかり勉強している人はいないし、
過去物言いを沢山したメラメラと言う
エキスパート系メガネキラキラパート看護師はもう諦めていて、
一種の壁があってマイペース馬

全くチームハートどころではない。
一人で淡々とやるにもかめ軽々しい注意をされ、
孤独に積み重ねる意味は、今の私にとってあるのだろうか。

お付き合い頂いてすみませんあせる
ありがとうございましたクローバー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。