しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

「患者さんの病名知らなくたって

化学療法室の仕事は出来る。

患者さんの話で あ、そっかぁ ってなる方が楽しいよビックリマーク

○○さん(化学療法認定看護師トランプクローバー)いるんだから聞けばいいし、

患者さんの情報収集なんかしなくていいビックリマーク

朝一番に 先輩パート看護師 右矢印昆虫顔なので以後バッタサンでかバッタと呼ぶ

に言われて中噴火メラメラ


化学療法認定看護師トランプクローバーやココのやり方の

タンパクさと言うか軽さがたまらないから、

師長さんヒマワリに担当断ってみて、

看護観虹を分かちあって、

引き留められてはてなマークもう少しだけやるかかたつむりと思ったばかり。


おそらく近い年令のこのバッタサンでかバッタ

前からズカズカうり坊来るカンジが要注意注意と思っていました。

 

入職時桜ちょっと挨拶するくらいの関係で、

少し経ったある日声をかけてもらったのが

とても嬉しかったクローバーのですが、

すぐに「私カウンセラーの資格持ってるのアップ」からの

自分の価値観押し付けアドバイス系を感じて、

さりげなくなるべく距離を置いていました。


化学療法室で一緒になったら、

手のひら返した様にすごんでパンチ!来たり

存在無視目して来たりするので、

あ~やっぱりなぁシラーと思いました。


上記の言葉は私への思いやりクローバーモードではなく、

つぶしだと感じました。

このやりとりのラストは、「一生懸命やらないで!!でした。


相手(私)の話は聴かない、

一見優しい対応右矢印単なる押し付けくるくる自己満足

右矢印右矢印右矢印自分の思う様にならないと…雷

 

近年冴えている様でぶー

苛められ経験蓄積の成果かウシシ

人となりのヨミが当たる…

自分の危険爆弾に対するニオイに敏感ですにやり

 

自分が白血病サバイバークローバーだからと言って

看護師としての方向性というか価値観というか

大切にしているものが

変わったとは感じていません。

 

これまでの思いが、

新しい視野雨くもり晴れと共に

強まったと言える部分があると思います。

 

私は私として、

時にだらけながらあせる怠けてしまいながら汗も、

一生懸命やることは譲れません。

 

ベル勉強会に参加すると、

私なんかまだまだまだまだだなあと突きつけて頂く

看護師は沢山います富士山

そういう方々キラキラに、

患者として、看護師として、巡り会いたいものです虹

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。