しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

若い頃から

再発・進行がん ~終末期の患者さん,ご家族を看て来ました。
緩和ケア病棟での勤務経験もあります。

余命週単位~日の患者さん,ご家族を看てきて、
看取りまで濃厚に関わらせて頂きました。
年単位~月の時期過ごし方、QOLの維持,向上が、
後悔やグリーフを最小限に出来る
有効な大きな手立ての一つだと思っています。

その為には、
患者さん,ご家族の生活や環境や人となりが
分かる関わりが必要ですし、
対話によって
医療者の人となりも知って頂いて、
重要な意思決定支援の際にも
窓口や支えなれる関わりに
繋げられること が大切ではないかと思っています。


現状は
あまりにもそれから遠い様に私は感じており、
やりきれない思いです。

 

外来師長さんに、以上を含むお手紙手紙をお渡ししました。

 

化学療法室の担当は外して欲しいと伝えました。

現状に何も苦痛を感じない人がやればいいと伝えました。

 

すぐに外来師長さんと長時間時計の面談虹があり、

師長さんの看護観キラキラ

今春外来異動前の病棟での取り組みをお話頂きました。

 

仕事に情熱的な晴れフットワークの軽そうな

師長さんとは感じていましたが、

私と似た様な看護観キラキラで、

具体的なプランもすらすら出てくる方ヒマワリでした。

 

化学療法認定看護師さんトランプクローバーに対する

私のヨミも当っておりにやり詳細を少し伺うことが出来ました。

 

とりあえず、

患者さんの生活に関する情報の

カルテ記載は奨励されましたアップ

 

現場では、

(即時)看護介入不要の情報は記載不要ビックリマークと指導されていて、

私は呆気にとられると同時に

いたたまれない思いでいましたゲッソリ

 

患者さんの病態や治療歴が一目瞭然な医師記録は、

科によっては分からない所もありましたし、

患者さん,ご家族の精神的,社会的側面の欠片は勿論、

セルフケアを含む副作用の看護目線の詳細にも、

カルテで辿り着けませんでしたショック!

 

スタッフで同じ様な感覚の人もいませんでした。
 

おいおいあせるこっからなんかスタートできねーよえっ

と言うのが、私の本音過ぎる本音です叫び

 

今回は、黙って我慢しなくて良かったです汗

 

こういう展開になって分かりましたが、

患者さん,ご家族との対話と

それを看護に繋げる積み重ねを絶たれることは、

自分の呼吸が妨げられるに似たものでした。

 

師長さんが

患者さん,ご家族の生活を私が記すことを

保障してくれたこと、

 

今回のエピソードがなかったらどうなってたの!?

と思う部分もありますが、

私の白血病サバイバー目線にも関心を持って頂いている様ですし、

ひとまず、自分の気道確保が出来たので、

とりあえず、もう少しだけはやってみることにしましたかたつむり

 

 

 

注意’17年8月17日注意

【訂正】

8/15のブログ記事「味覚障害のお話から内省まで」にて

誤)アミノケアゼリー ロイシン40

正)抵抗活力アミノ酸 シスチン&テアニン

https://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2014_09_01.html

口内炎軽減などの効果があるようです。

大変失礼致しました。

謹んでお詫び申し上げます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。